青山学院大学陸上部の寮の食事や練習、ファンレターや彼女の恋愛事情!

出典

2018年に箱根駅伝で4連覇という偉業を成し遂げた

青山学院大学陸上部は

多くのメディアの注目を集めています。

手腕が光る原晋監督には

講演オファーが殺到し、

選手の強化方法や教育方針に興味をもつ

指導者が多くいるようですね。

その秘密の多くは選手たちが生活している

寮にあるとにらみました!

そこで今回は青山学院大学陸上部の

寮生活や日々の練習、食事

また寮生活では困りそうな恋愛についても

調べてみました!

ではご覧ください。

スポンサードリンク

青山学院大学陸上部の寮生活(練習)

青山学院大学陸上部の寮は学校から

離れた場所にあり選手たちは

毎朝走って学校に通っています。

この学校までの約5kmほど走るのも

トレーニングになっていて

自然と普段の生活で鍛えられるようにしています。

しかし、青山学院大学陸上部にとって

朝起きてから走るのはこれが2度目

になります。

どういうことかというと

部員は朝5時に起きて寮の近所を毎朝

10kmくらい走るんです!

これが朝のひとっ走り!!

出典

この毎朝の朝練の後に朝食を食べて

学校まで走っていきます。

学校では練習で1日にだいたい25kmくらい走り

寮に帰って来る時にまた

走って帰ってきます。

「今日何してた?」って聞くと

おそらく部員の全員が

「走ってた!!」と答えるでしょうね。

そして晩御飯を食べて消灯の夜10時には

全員眠りにつき翌朝5時に起きて

またみんなで走り出すのです。

毎日フルマラソン近い距離を走り続けているなんて

長距離が苦手な私には

全然想像できません。

本当にそんなことやっているの?

と疑いたくなるくらいです!!

これだけ練習していても本番になると

不安になると言うのですから

駅伝選手って恐ろしいほど努力して

競い合っているんだなと思いました。

スポンサードリンク

青山学院大学陸上部の寮生活

青山学院大学陸上部は毎朝5時に起床しますが

寮母さんもこれに合わせなければ

いけないので大変です!

朝は6時前に起きて部員全員の

朝食の準備があります。

なんと3升のお米を炊くそうですよ!!

給食センターから食事が届くのですが

これを全て温めて配膳します。

給食センターからの食事では

足りないのでファンからの差し入れを

調理してプラスしています。

そうこうしていると部員が朝練から帰ってきて

朝食を食べ部員と一緒に後片付けをします。

家事全般をこなす寮母さんですが

部員も寮で何もしないわけではありません。

記事:成田緑夢のトランポリン事故から描くグリム童話

トイレやお風呂の掃除は部員がやっているのです。

寮の至る場所に「掃除マニュアル」が

貼ってあり競技以外でも普段の生活から

精神面を鍛えています。

練習で限界まで疲れていても身の回りのことを

自分たちでやるようにすることで

駅伝での苦しい時間帯にも踏ん張れるのです。

こういった意識が青山学院大学陸上部の

強味なのかもしれませんね!!

スポンサードリンク

青山学院大学陸上部へのファンレター

青山学院大学陸上部は知らない人が

いないほど有名になりました。

そのためファンレターもたくさん届いていて

部員たちの励みになっているようです。

箱根駅伝4連覇ですもんね。

相当な数のファンが応援しているはずです。

その中には選手としてではなくて

男性として好きだという内容のものもあり

そちらの方でも部員のモチベーションになっているとか、、、

そりゃ、嬉しいですよね!!

寮生活だとなかなか自由に行動できないですし

ファンレターがラブレターだったら

普通の男の子ならテンションが上がります!

記事:成田緑夢がスノボを引退!東京を目指す!!

ちなみにファンレターの送り先は以下の通りです。

青山学院大学町田寮
〒194-0021 東京都町田市中町2丁目20−20

青山学院大学陸上部の彼女に恋愛事情

青山学院大学陸上部は寮生活をしているので

普通の学生のように自由な時間が

あまりありません。

夜10時には消灯で寝なければいけせんから

夜友達と遅くまで遊ぶなんてことは

できません(朝も早いですからね)。

そうなると当然、恋愛も思うようには、、、

と思いきや!!

青山学院大学陸上部の部員たちは

しっかり恋愛しています!

スポンサードリンク

青山学院大学陸上部には恋愛禁止という

アイドルのような決まりはなく

マネージャーとの部内恋愛以外はOKなのです。

しかも、寮には原晋監督もいるため

監督も黙認しています。

寮母さんに恋愛相談する部員もいるようで

そういった部分では寛容なのです!

恋愛や彼女が部員の力になることも

監督は知っているのですね。

陸上以外の青春は完全におあずけかと

思っていましたが

安心しました。

まとめ

青山学院大学陸上部は寮で生活していて

朝は早く起きて朝練をし

夜は早寝をして体を休ませます。

学校の往復はもちろん走り

練習でもガッツリ走るので

1日にフルマラソン近い距離を走ります。

寮での生活は掃除などを自分たちで

やることで精神的な部分から

鍛えられているようです。

これは引退後の生活にも活きてくるので

素晴らしい考えだと思います!

そして、ファンレターには辛い時に

励まされるようなので、

応援している方は是非送って見てください。

スポンサードリンク

青山学院大学陸上部の恋愛事情は

以外と充実していて

部活としても彼女をつくることは

認めているそうです。

それにしても朝から晩まで

走って走って走りまくって

それでも本番出られるのは一握り。

その先には全国の強豪がいて

勝つためにさらに努力を重ねる青山学院大学陸上部。

箱根駅伝4連覇はそんな厳しい日々の

積み重ねがあって成し遂げられた快挙です。

改めて青山学院大学陸上部のみなさん

おめでとうございます!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする