ベビーハルク(マディソン・ガトリン)クローヴス症候群でがん遺伝子?現在の画像!

ベビーハルクと呼ばれる

1人の少女をご存知ですか?

彼女の名は

マディゾン・ガトリンちゃん。

クローヴスクローブス症候群

がん遺伝子に関係する病気。

腕や上半身が肥大しているため

ベビーハルク

ベビーハルク

マディゾンちゃん

現在はどうなっているのか

画像と共に見ていきましょう。

スポンサードリンク

ベビーハルク(マディソン・ガトリン)はクローヴス症候群

アメリカに生まれた

マディソン・ガトリンちゃんは

遺伝子の突然変異で

腕や上半身が

肥大した状態で

生まれてきました。

病名はクローヴス症候群

見ていただいて分かるように

マディソンちゃん

腕が腫瘍のように

大きく膨れています。

この上半身が肥大した

マディソン・ガトリンちゃんを

見て付けられた呼び名が

ベビーハルク

みなさん、この

ベビーハルク”という呼び名の

意味が分かりますか?

ベビーハルクの由来は

Marvel(マーベル)の

キャラクター「ハルク」に

例えられたもので

マディソンちゃん

見た目がこの緑色のヒーロー

”ハルク”のベビー版のようだ

ベビーハルク

と呼ばれていたのです。

女の子のマディソンちゃんには

酷な呼び方ですよね。

ちなみにハルク画像

こちらです。

一応ハルクはヒーローですが

どちらかというと

怪物的な扱いを受けることが

多いキャラクターです。

ベビーハルクなんて名前が

嬉しいわけないですよね。

しかし、知らない子供たちが

”なんで体の形が違うの?”

聞いてくることがあると

マディソンちゃんの母親は

”この子は超人ハルクとの子供なのよ”

と言うと子供たちは

マディソンちゃんを憧れの眼差しで

見つめるそうです。

なるほど、

他人からするとベビーハルク

差別的に感じますが

ポジティブに変換していますね。

周りから奇妙な目で見られる

マディソンちゃん

ベビーハルクになることで

一時的にでも子供たちの

ヒーローになるなら…

スポンサードリンク

ベビーハルク(マディソンちゃん)現在の画像!クローブス症候群はがん遺伝子?

ベビーハルクこと

マディソンちゃんの病気は

クローブス症候群クローヴス

と呼ばれる希少疾病。

両親からの遺伝には

関係ないため、

クローブス症候群遺伝しません。

ただ、遺伝子に異常が

あるのは事実で

マディソンちゃん

クローブス症候群の患者が

強い攻撃性をもったがんに

関係するPIK3caという

遺伝子の変異がみられます。

PIK3caは薬に抵抗性を持つ

乳がんや大腸ガン

にも見られます。

つまり薬物治療は

非常に難しいと言うことです。

しかもクローブス症候群

希少疾病で情報が

かなり少ないので研究自体が

進んでいるとは言えません。

しかし、マディソンちゃん

両親は諦めるわけもなく

希望を求めて必死に

治療を受けられるように

メディアに出るなどして

世間にも呼びかけました。

そして、マディソンちゃん

クローブス症候群の治療を

受けることになります。

マディソンちゃんの

2018年現在はどうなっているのか!

クローブス症候群

治療を乗り越えた

マディソンちゃん現在

画像がこちらです!

おお!だいぶ上半身が

小さくなっていますね!!

しかし、完全には

みんなと同じにはならないみたい。

でも、もうベビーハルク

って感じじゃないですね!

スポンサードリンク

ベビーハルクのマディソンちゃんはクローヴス症候群!現在のまとめ

クローヴス症候群

マディソンちゃん

その容姿からベビーハルク

と呼ばれていました。

ベビーハルクという名前は

以外にも子供達からの

奇怪な目を憧れへと変える

魔法の言葉だったりします!

クローブス症候群

希少疾病で治療はかなり

困難です。

クローブス症候群

治療を乗り越えたマディソンちゃん

現在は元気にしていました!

ベビーハルク

精神力が強靭な女の子

マディソン・ガトリンちゃんでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする