だいたひかる文具祭りでイケメン夫と再婚!ペンケースや年収、文房具

https://superclassic.jp

お笑い芸人のだいたひかるさん、

お笑い番組「エンタの神様」で有名になり

その独特なキャラクターが人気でした。

当時はテレビでよく目にしていましたが、

最近ではすっかり見なくなりましたね。

噂によると、

文房具でぼろ儲けして、

超イケメンな夫と再婚し、

幸せいっぱいに生活しているんだとか!

今回はそんなだいたひかるさんが

どうやってイケメン夫をゲットしたのか、

扱っているおすすめ文房具、

気になる年収について

捜査して見たのでご覧ください。

スポンサードリンク

だいたひかる結婚と不倫そして離婚

だいたひかるさんは、

放送作家の北本かつらさんと2006年に結婚し、

2007年に離婚しています。

結婚生活わずか1年。

原因はだいたひかるさんの不倫。

シャル・ウィ・ダンス?という番組で

共演したダンサーの二宮清さんとの不倫が発覚し、

夫婦関係が冷え切ったようです。

ちなみに二宮清さんがこちら

http://www.k-ninomiya-da.com

イケメンですね!!

だいたひかるさんは気遣いができることから

男性にかなりモテるようです。

そこから徐々にバラエティ番組への

出演も減り始め、

テレビで見なくなります。

スポンサードリンク

だいたひかる文具祭りのイケメン夫

だいたひかるさんは以前から

発明家になりたいと思っていたらしく、

芸人になる前は特許庁へ通っていたそうです。

様々な商品を考える中で、

だいたひかるさんが好きだったのが文房具。

なんと、文房具が好きすぎて、

文房具好きを集めた「文具祭り」なるものを

開催しているのです!

この文具祭りが運命の人と

出会わせてくれることになります。

文具祭りの企画で、

だいたひかるさんとジャンケンをし、

勝ったら文房具をもらえるというものが

ありました。

そのジャンケンで最後まで残ったのが、

小泉貴之さん。

後の再婚相手です。

こちら

https://twitter.com/kuro_we

イケメンすぎ!!

小泉貴之さんは石原軍団から

スカウトされたこともあるそうです。

スポンサードリンク

ジャンケン大会の商品として

名刺入れを受け取った小泉貴之さんは、

見るとだいたひかるさんの名刺が入っていることに

気がつきます。

名刺をもらいっぱなしではいけないと、

自身の名刺をだいたひかるさんに

渡しに行きます。

ここからの展開が早かった!!

そのまま食事に行き、

2人仲良く夜の闇に消えていきます、、、

そして結婚!!

文房具好きな2人ですから、

趣味が合い距離が縮まるのも早かったんですね。

だいたひかるのペンケース・文房具

発明家を夢見る文房具好きのだいたひかるさん、

ついにその夢が叶う時がやってきます!

だいたひかるさんの開発した

ペンケースが商品化され、

ヒットするのです!!

それがこのショルダーペンケース

↑画像クリックで詳細・購入画面へ移動します

このペンケースはデスクの隅に置いて

ペン立てになります。

また化粧ポーチやショルダーポーチとしても

使用できて利便性に優れているため

多くの女性から支持されています。

このショルダーペンケースの発明をきっかけに、

自信がついただいたひかるさんは、

将来、自身の文房具メーカーを作りたいと

思っているそうです。

スポンサードリンク

だいたひかるの年収

ショルダーポーチが売れ、

かなり稼いでいると噂のだいたひかるさん、

収入の方が気になりませんか?

現在は芸能活動で目立った活動はなく、

文房具のデザインやイベントで生計を立てているようです。

デザイナーとしての収入ですから、

笑い芸人としてブレイクしていた頃よりは

少ないと考えられます。

というのも、

だいたひかるさんのブランドとしてではなく、

あくまでデザイナーという立場だから。

これが、だいたひかるさんの文房具メーカー

としてならかなり儲かっていると思いますが。

あくまで予想ですが、

現在のだいたひかるさんの年収

1000万〜1500万の間だと思います。

旦那さんもいるので世帯年収は

当然上がりますよね。

スポンサードリンク

まとめ

私生活ではモテまくりのだいたひかるさん。

大好きな文房具のイベントで、

超イケメンの旦那さんをゲットしていました。

そして、好きなことを仕事に生活しているなんて、

羨ましいですね。

近いうちにだいたひかるさんの文房具メーカーが

できて、だいたひかるさんの

文房具を使う日が来るのかも。

楽しみです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする