ダバディ「ハリルはトルシエより上」通訳で監督と仲良し!解任と誤解

スポーツ

出典

 

フローラン・ダバディという人を覚えていますか?

初めて聞く方も記憶にある方もいると思います。

 

ダバディは1998年から2002年の日韓W杯で日本代表監督を

務めたフィリップ・トルシエのパーソナルアシスタントとして

W杯本選で日本のグループリーグ突破に貢献しました。

 

パーソナルアシスタントと言っていますが

分かりやすいところでいうとトルシエ監督の通訳を

担当していたのがダバディです。

 

そのダバディが日本代表の前監督であるハリルホジッチが

トルシエよりも優れていると言っているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

トルシエのそばで息を合わせて戦ってきたダバディが

ハリルホジッチを評価するのはなぜなのか。

少し調べてみました。

 

ダバディとハリルの関係

ダバディはフランスのパリ出身のジャーナリストで

上流階級生まれのお坊ちゃまだそうです。

 

ダバディはサッカーの解説をしていましたが

フランスの上流階級ではサッカーというスポーツは

労働者階級のスポーツでダバディは親や親戚にはサッカーに

関わっていることを隠していたそうです。

(いまだにそんな風習が残っているのですね。)

 

 

2002年の日韓W杯でトルシエジャパンがベスト16で敗退し

トルシエ監督の退任と同時にダバディも

日本代表を去ることになりその後はスポーツキャスターや

雑誌のコラムを書くなどの活躍をしました。

 

そんな時、WOWOWでハリルホジッチの通訳の仕事が入ってきます。

その内容と言うのがEURO2016の解説。

 

2人はお互いの実家に行き会うなど仕事だけではなく

プライベートでの親交も深くなり

互いをリスペクトしあう仲になりました。

 

 

ダバディ「ハリルはトルシエより上」

WOWOWのEURO2016のアンバサダーとして

試合の解説を務めることになったハリルホジッチと

その通訳のダバディ。

 

ダバディは1か月間にわたりハリルと2人でサッカーの試合を見続け、

そのうちにハリルの洞察力や戦略眼に圧倒されたそうです。

 

ハリルからはカリスマ性があふれ出していて

戦略に関しての頭脳はトルシエよりも上だとダバディは

語っていました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

さらに、トルシエは息抜きが必要だったが

ハリルは24時間サッカーでも大丈夫な人で家でずっとサッカーを観て

研究し仕事をし続けられる人。

とハリルの以上過ぎるくらいのサッカーへの熱にも

驚きを敬意を持ったようです。

 

才能や持っているオーラだけでなく努力も伴うのが

日本代表の前の監だったんですね。

 

 

そして、ハリルがトルシエよりも上だという

いかにもハリルらしいエピソードがありました。

 

それは、EUROの最終日にベンゲル監督との対談で

ベンゲルとハリルのためにホテルを取ったダバディ。

ベンゲルは5つ星のホテルで、ハリルは違うホテル。

 

それを知ったハリルはダバディに激怒します。

「私よりもベンゲルの方が上だと言うのか!!」

ハリルらしいでしょ?

 

実はダバディは自身がとても気に入っているホテルを

ハリルに利用して欲しくてベンゲルとは違うホテルを

用意したのですがハリルは怒ってしまったようですね。

 

ダバディがそのことを伝えてもしばらく怒りはおさまらず

ハリルとダバディは言い合いになりますが

突然ハリルが黙ってしまいそのまま喧嘩は終わりました。

 

 

スポンサードリンク

 

トルシエはが日本代表監督になったのはベンゲルに

監督のオファーを出して何度か断られたため

トルシエに決まりました。

 

言い方はかなり乱暴になってしまいますが、

ベンゲルに断られて仕方なくトルシエになったのです。

 

一方ハリルはベンゲルと宿泊先のホテルですら対抗!

このプライドの高さや負けず嫌いな性格は

完全にハリルの方がトルシエよりも上ですよね。

 

 

ちなみにダバディとハリルの喧嘩はそれきりで

仲良しで尊敬しあう関係にあるようです。

 

記事:堂安律が西野ジャパン入りへ猛アピール!!

 

ダバディが通訳なら?

この事を知ってしまうともしダバディがハリルホジッチの

通訳として就いていたら別の結果になっていたかもしれない

と思わずにはいられません。

 

ダバディが言うには、日本の記者たちはハリルに対して

リスペクトが無さすぎたようです。

ハリルは普段は冗談をいったりおどけて見せるなど

社交的な面もあるようですが日本でのハリルは

全くそういう部分を失い孤独に見えたと言います。

 

言葉が通じない異国に来てどんどん孤独になり

次第に孤立してしまったハリル。

 

 

ダバディはトルシエの通訳時代に

気をつけていることがありました。

 

それは、サッカー以外の部分で監督の孤独を

少しでも和らげる事。

日本人監督であっても上で指揮する人間には

孤独はつきものです。

 

スポンサードリンク

 

 

プライドの高いハリルですから自分を強く見せようと

必要以上に高圧的になってしまったのかもしれません。

監督はチームを管理しますがアシスタントは監督のケアや

フォローが必要なのです。

 

ダバディがハリルの時もアシスタントだったら

きっと違ったハリルを見られてかもしれませんし

ハリルジャパンも違った形になっていたかもしれません。

 

 

ここへきて、日本代表監督を経験した2人の通訳を

務めたことがあるダバディの言葉が

日本人がハリルに持っている誤解を解くというのは

なんとも皮肉なものです。

コメント