市原隼人の父親はなぜ車椅子に?病気や事故が原因の障害者スポーツ選手のバスケ映画!

俳優の市原隼人さんが

映画『THE REBOUND』の

上映イベントで父親

車椅子で生活していることを

明かしました。

病気事故原因に車椅子生活を

余儀なくされた人たちの

障害者スポーツ、車椅子バスケに

以前挑戦した市原隼人さん。

父親への思いを語っています。

市原隼人さんの父親

なぜ車椅子になったのか。

スポンサードリンク

市原隼人が病気や事故が原因の障害者スポーツバスケの映画に!

市原隼人さんが映画

THE REBOUND』の

特別上映にゲスト参加しました。

主演の車椅子バスケ選手の

マリオモーラン選手と

登壇し車椅子バスケについて

語っています。

先天的な病気交通事故などで

歩くことが困難になり

車椅子生活を余儀なくされた

障害者の人たちにとって

社会の中でまだまだ

生活しやすい環境が出来ていない

ことや車椅子で生活する

人の不便さをわからないため

健常者障害者の間に

垣根があると感じている人は

かなり多いと思います。

なぜマリオモーランさんが

車椅子になったかというと

ニュージャージーで

ギャングに打たれたことが

原因でした。

ギャングの発砲事件に

巻き込まれる形で車椅子になり

障害者スポーツの道へと

進みました。

ドラマで障害者スポーツの

車椅子バスケに挑戦したことのある

市原隼人さんは

映画『THE REBOUND』には

出ていませんが

主演のマリオモーラン選手と

車椅子バスケの魅力を

語っていました。

では、市原隼人さんの父親

なぜ車椅子になってしまったのか

次のページで見ていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする