カーリング女子のスイス代表選手を紹介!日本のLS北見とメンバー比較

平昌オリンピックカーリング女子

日本代表であるLS北見が予選突破をかけて

スイス代表と激突します!

日本のカーリング女子はオリンピックで

決勝トーナメントに残ったことはなく、

今回勝利することができれば

歴史的快挙となります。

そんな今大会の大一番とも言える

大切な試合の相手はスイス。

記事:成田緑夢のトランポリン事故から描くグリム童話

今回は日本の前に立ちはだかる

強豪国スイスのメンバーを紹介していきます

実はスイス代表には今大会銀メダルの

あの選手もいるんですよね、、、

掛け声やおやつタイムなどで人気急上昇中の

カーリング女子!!

対戦相手のスイス代表選手を知って、

楽しく観戦しましょう!!

スポンサードリンク

カーリング女子、スイス代表とは

スイスは世界ランク2位の強豪国で、

LS北見にとってはかなり高い壁です。

今大会では調子が伸びず

予選敗退が決定しているスイス代表ですが、

厳しい戦いが予想されます。

昨年12月に軽井沢で開催されたワールドツアーで

日本は準決勝でスイスと対戦し

勝利を収めています。

直近の試合で勝ち、

現在調子を落としている相手。

さらに、予選敗退が決まり

モチベーションも落ちているはずです。

日本の勝利に期待が持てそうですよね。

記事:本橋麻里がチーム青森にいた過去と補欠の今

しかし調子を落としているとは言っても

スイスはカーリング強豪国です。

意地を見せてくるに違いありません。

では、決勝トーナメント進出をかけた日本が挑む

強豪国スイス代表のメンバーを紹介しましょう

スポンサードリンク

カーリング女子、スイス代表選手

カーリング女子スイス代表選手

紹介と一緒に、

カーリングのポジションや役割の

簡単な解説を入れてみました

知っておくとカーリングがより楽しめると思うので、

このページを見ながら観戦するのも

いいかもしれませんよ!

ジェニー・ペレ

http://www.yomiuri.co.jp

生年月日:1991年12月23日(26歳)

身長:163cm

体重:60kg

この選手は今回の平昌オリンピックの

カーリング混合ダブルスで

銀メダルを獲得している選手です。

ジェニー・ペレ選手は補欠で、

出番があるか分かりませんが

コンディションがよさそうですね!!

日本の補欠はLS北見の創設者である

本橋麻里(まり)選手です。

マレネ・アルブレヒト

http://www.yomiuri.co.jp

生年月日:1988年3月13日(29歳)

身長:175cm

体重:70kg

マレネ選手のポジションはリードと呼ばれ、

一番最初に投球する役割です。

1投目と2投目を任されているマレネ選手と

同じポジションは吉田夕梨花(ゆりか)選手です。

マヌエラ・ジークリスト

http://www.yomiuri.co.jp

生年月日:1990年5月18日(27歳)

身長:168cm

体重:53kg

マヌエラ選手はセカンドというポジションで、

リード(マレネ選手)の次(3、4投目)に

投球します。

日本の鈴木夕湖(ゆうみ)選手と同じポジションです。

記事:カーリング女子のおやつタイムと「そだねー」

エスター・ノイエンシュワンダー

http://www.yomiuri.co.jp

生年月日:1983年9月30日(34歳)

身長:175cm

体重:70kg

エスター選手はサードと言って、

スキップ(シルバナ選手)が投球する時に

代わりに指示を出すポジションです。

スキップについては下で説明しています。

スキップの人は通常最後に投球するので、

勝負が最後に動くような局面で指示を出す

責任重大なポジションですね!

日本のサードは吉田知那美(ちなみ)選手です。

記事:おやつタイムの赤いサイロ取り寄せ・通販

シルバナ・ティリンツォーニ

http://www.yomiuri.co.jp

生年月日:1979年6月25日(38歳)

身長:160cm

体重:52kg

シルバナ選手は競技の生命線である

スキップという重要なポジションを務めます。

チームに指示を出す司令塔的な役割で、

最後の投球を任されています。

日本の藤澤五月(さつき)選手と同じポジションです。

スポンサードリンク

まとめ

カーリングはチームワークが命です

いくら1人の調子が良くても、

チームとしてコンディションが悪くては

結果は出ません。

おそらくスイス代表チームの現在の不調の原因

そこなのかなと思います

記事:羽生結弦の変顔が可愛い!隣の美女は?

競技中の声や作戦会議が頻繁に行われている

のを見ているとカーリングにおいて

チームワークがいかに重要かわかるのではないでしょうか。

ちなみに、スイスの選手はそれぞれ

スイス国内でも出身(州)が違いますが、

日本のLS北見は全員が北海道の北見市出身です。

幼い頃から一緒にプレーしている選手もいて

チームワークなら絶対にスイスに負けません!!

日本代表のLS北見!

強豪国スイス代表を倒して、

決勝トーナメントに駒を進めてくれ!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする