岡山えびめしの素!レシピや通販、東京の店!ケンミンショー

出典

4月5日に放送の秘密のケンミンショーは

春のスペシャルとして拡大2時間放送です。

そこで紹介されたのが岡山県民に愛される

ご当地グルメ、「えびめし」です!!

ケンミンショーは毎回各地の美味しいグルメや

おもしろ食文化を紹介してくれて

お気に入りの番組なのですが、

今回も「えびめし」という全国的には馴染みのない

グルメを紹介してくれています!!

岡山県のえびめしを自宅で食べるためのレシピや

市販の「えびめしの素」、

えびめしが食べられる東京の店を紹介していきますので

一緒にみていきましょう。

スポンサードリンク

ケンミンショー紹介のえびめし(岡山)

今回のケンミンショーで紹介されたえびめしは

岡山県で愛されているご当地グルメです。

真っ黒な見た目はなかなかインパクトがあります!

この黒い色の正体はウスターソースとデミグラスソース

またはカラメルソースやケチャップです。

えびめしという名前から「和」を想像しがちですが

実は洋食なんですね。

味は少し酸味があり甘みとコクのある

ピラフのような感じなのですが、

ウスターソースや香辛料の種類によってスパイシーな

お店もあります。

えびめしと言うくらいですから海老が入っていて

上には錦糸卵が乗っています。

中にはオムライス風になっているお店もあります。

えびめしは岡山県のなかでも特に岡山市に多く

岡山市で開発された岡山発祥のグルメかと思いきや、

実は東京都渋谷のカレー屋さんが発祥なんです!!

そのお店がいんでいらというカレー屋さん。

これを当時、いんでいらの従業員だった出井さんという方が

自身の出身地である岡山県に持ち帰って

改良を重ねて作り上げたのが現在の岡山のえびめしなのです。

そしてなんと、岡山にえびめしを持ち帰った

出井さんは暖簾分けでいんでいらを開くことになり

いんでいらの社長になってしまいました!

岡山えびめしの第一人者ですね!!

(元祖えびめしは、いんでいら本店)

ちなみに、ケンミンショーでは岡山県出身の

ブルゾンちえみさんが登場して

えびめしを絶賛しています、美味しそう!!

スポンサードリンク

えびめしの通販!えびめしの素

岡山名物のえびめしを自宅で食べるには

時間をかけて自分で料理することもできますが

手っ取り早く市販の「えびめしの素」で

簡単に美味しく作ることもできます!

最近は本当に通販で何でも買えちゃうから

本当に便利ですよね。

えびめしも外で食べると結構な値段するので

通販で安価に美味しく済ませるのもありです。

有名な「えびめしの素」の通販情報を貼っておきますね。

↑画像をクリックすると詳細・購入ページへ移動できます

2人前で341円なのでお手頃です。

具はフリーズドライのエビと玉ねぎが入っていて

ご飯があればできるので楽チンですね。

ケンミンショー放送後は注文が殺到し

売り切れになる場合もあるのでご了承ください。

アレルギー等が気になる方のために原材料も載せておきます。

調味液(ウスターソース、玉ねぎ、デミグラスソース、食塩、醤油、砂糖、トマトペースト、香味食用油、還元水飴、香辛料)、具材(乾燥玉ねぎ、乾燥えび、食塩、砂糖、酵母エキス、粉末醤油、デキストリン、植物油脂、香辛料)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酒精、ポリリン酸Na、酸味料、(原材料の一部に乳成分、小麦、大豆、鶏肉、豚肉、リンゴ、ゼラチンを含む)

デミグラスソースやカラメルソースがない場合は

この「えびめしの素」で自宅で簡単に

岡山えびめしを楽しんではいかがでしょうか?

スポンサードリンク

えびめしのレシピ

えびめしの素」もいいけれど

やっぱり自分でしっかり作ってみたい!

という方のために美味しいえびめしレシピ

紹介しておきますね。

3〜4人前の材料

  • えび(適量)
  • 玉ねぎ:半分
  • 人参:5cm
  • ご飯:2〜3合
  • ウスターソース:50cc
  • デミグラスソース:2カケ
  • カレー粉:大1
  • バター:10g

材料外:油、卵

1:玉ねぎと人参をみじん切りにします。えびは背ワタを取るなどの処理をしておきましょう。(冷凍の場合は解凍しておく)

2、熱したフライパンに油をしき、刻んだ野菜を入れ玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

3、そこにえび、ウスターソース、デミグラスソースを加え、水分が飛ぶまで焦げないように炒めます。

4、ご飯を投入し、全体が混ざり合ったらバターを入れて炒めながらなじませます。

記事:十和田バラ焼きの作り方・秘伝のタレ

これで完成!!

最後にそのままのフライパンで錦糸卵を作って飾ると

いっそう本格的になりますよ。

ちなみに、デミグラスソースは固形のものを使用しても

液状のものを使用しても大丈夫です。

液状のものを使用する場合は炒めながら

しっかりと水分を飛ばすようにするといいです。

簡単なので是非作ってみてください!!

スポンサードリンク

東京にある「えびめし」の店

さて、ここまで通販レシピを公開してきましたが

やっぱりお店で食べたいですよね!

でも岡山までは、、、

という方がたくさんいそうなので、

えびめしを東京で食べられるお店を紹介します。

それは渋谷道玄坂の「いんでぃら

元祖えびめし・・・920円!!

そうです、このお店はえびめしを開発した

えびめし発祥のお店なんです!!

そして、岡山名物と人は言うがこっちが元祖と主張しています。

その元祖えびめしのお店の情報は以下の通りです。

住所

東京都渋谷区道玄坂2−29−8 道玄坂センタービルB1F

電話番号

03-5458-8154

営業時間

10:00〜22:00(定休日なし)

スポンサードリンク

まとめ

岡山県民から愛されるソールフードえびめし

ケンミンショーで紹介されて

全国的に有名なご当地グルメになりましたね。

しかし、元祖は東京という複雑なご当地グルメ、、、

通販で購入できる「えびめしの元」で自宅で簡単に

えびめしを楽しむこともできますし、

素を使わずに作ってみるのも面白いと思います。

記事:幻の羊肉、サフォークの取り寄せ・通販!

東京でも食べることのできるえびめしですが

岡山の店東京の店で食べ比べしてみるのもいいかも!!

元祖東京とご当地グルメまでにした岡山のどちらが好みか

こりゃ岡山まで行ってみるっきゃない!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする