怖い話:カメラの中には(洒落怖)

怖い話:カメラの中には(洒落怖)

 

友人のH君の体験です。

 

ある休日に、

H君は部屋の大掃除をしていました。

 

もうすぐ引っ越すので、

いらないものをいっせいに

捨ててしまおうと思って、

戸棚の中やたんすの中など、

いらないものをどんどん捨てていたところ、

本棚の奥に何かあることに気づきました。

 

それは未現像のインスタントカメラ。

 

H君にはそのカメラがいつのときのものか

記憶になかったのですが、

埃をかぶっていて古いものだったこともあり

好奇心でそれを現像に出すことにしました。

 

残数を見ると

あと3枚残っていたのでとりあえず

部屋の写真を1枚、

片付けていた本棚を1枚、

くるりと自分のほうに向けて1枚とりました。

 

そして、近所の商店街にある

写真屋さんに向かい、

現像に出したのです。

 

そこから数時間後、

現像された写真を取りに行って

近くの喫茶店に入り、

写真を見ることにしました。

 

そこに写っていたのは

H君を含む男女5人が

観光地のようなところにいる写真でした。

 

それを見て、

H君はようやく思い出しました。

 

その写真は学生時代に

大学の友人たちと旅行に行った時の物で

もう何年も前のものなので

すっかり忘れていたそうです。

 

写真は全てその旅行の時のもので

懐かしさを感じて

しばらく眺めていましたが、

そのとき妙な違和感を感じました。

 

写真には5人写っているのですが

その中の一人をどうしても思い出せないのです。

 

髪が長く

陰鬱な表情をしたその女性は

どの写真にも写っているのですが

まっすぐカメラを見ることはなく、

なんだか異様な感じがしました。

 

もうひとつ変だと思ったのは

その旅行は何泊かしたはずなのに、

その女だけはどの写真も

黒いワンピースを着ていました。

 

しばらく見ていて

H君は突然思い出しました。

 

その旅行は、

当時付き合っていた彼女とH君と

その友人カップルで行ったものだったのです。

 

つまり、5人いるなんてことは

ありえなかったはずでした。

 

では、この女は何者なのか!?

なんともいえない恐怖を感じながら、

残りの写真を見ていきました。

 

最後にさっき撮った3枚が出てきました。

 

その3枚を見て、

H君は恐怖で失神しそうになりました。

 

1枚目には、

H君の部屋の中に漂う黒い影のようなもの。

 

2枚目には、

空っぽの本棚から伸びる白い腕。

 

3枚目には、

H君の肩の後ろから

こちらを見てにやりと笑う

あの写真の女性が写っていたそうです。

コメント