水無昭善が詐欺で破門・絶縁!寺は実家?犯人の嘘と逮捕は!高野山で修行した阿闍梨で高僧?

芸能

水無昭善(みずなししょうぜん)

詐欺破門になっていた?

師匠と絶縁した原因は

ある人物の嫌がらせ!?

 

オネエ言葉の阿闍梨(あじゃり)

で人気になった水無昭善さんを

追い詰めるをついた犯人

逮捕されたのか!

 

表舞台から干された

水無昭善さんに起こった

不幸な出来事を

まとめてみました。

 

実家祥炎山不動院)が

あるとはどういうことか!

 

高野山で修行した高僧

書いた週刊誌(週刊女性)との

食い違いも調査したので

ご覧になってください。

 

スポンサードリンク

水無昭善が詐欺で破門!師匠と絶縁になった理由は?

水無昭善さんが破門になったのは

あるトラブルが原因とされています。

 

とのトラブルというのが

水無昭善さんの詐欺事件

 

 

そう、水無昭善さんが

詐欺をはたらき修行をした

高野山真言宗金剛峰寺から

破門を食らったというのです。

 

これを理由に師匠とも

絶縁関係になってしまった

水無昭善さんは当時テレビ番組にも

多く呼ばれていたにも関わらず

 

表舞台から姿を消して

干された形になってしまいました。

 

水無昭善さんが働いた詐欺

内容が以下の通りです。

 

水無昭善さんは実家のある

岩手県に祥炎山不動院

建ました。

 

霊視ができる水無昭善さんは

東京道場をひらき相談料そして

1時間3万円をとっていたそうです。

 

この相談を3回したら

水無昭善さんの寺院を拝める

ということなのですが、

 

2回目の相談からはお供物代

として上乗せでお金をもらって

どうにか寺院を見せないように

していたと言われています。

 

なぜ寺を見せたくないのか!

 

それは寺が存在しないから…

 

岩手県の近所の住民は

祥炎山不動院があるとされる

周囲には寺らしきものはない

と言っているのです。

 

寺がないのに3回の相談で

拝ませてあげるということで

詐欺をはたらいた水無昭善さん。

 

こんなことを本当にしていたら

破門されて絶縁となって

当たり前です。

 

そう、本当にしていたら…

 

では、いよいよこの

水無昭善の詐欺事件

事実を明らかにしていきましょう!

 

スポンサードリンク

水無昭善の詐欺は嘘で犯人は逮捕されたのか!実家に寺がある?

寺がないのに存在するかの

ように客を騙して詐欺を

働いたとされた水無昭善さん。

 

実はこの詐欺事件

ある人物が水無昭善さんを

陥れるためのだったのです!

 

 

これは水無昭善さん本人が

語っていた事なのですが

長かったので簡単にまとめると

 

2013年の夏から執拗な

嫌がらせを受け始めた。

 

嫌がらせの内容

  • 誹謗中傷
  • 嫌がらせ電話
  • 講演会の中止運動
  • デマ情報のチラシ配り
  • 出版社に本の販売中止を要求

 

犯人はよほど

水無昭善さんのことが

憎くて憎くて仕方がなかった

人物なのでしょうね。

 

犯人はチラシだけでなく

インターネットも使って

とにかく水無昭善さんの

マイナスプロモーションを

しまくります!

 

高野山を破門のニセ坊主!!

 

と拡散しまくりこれは

師匠の耳にも入ることに…

 

そして、一度は破門になり

師匠とも絶縁となったのですが

弁護士と共に師匠と会談し

犯人による嘘の情報だったことが

わかったため復籍しました。

 

水無昭善さんは逮捕されて

いませんから本当に

詐欺をしていたわけないんです!

 

そして犯人は逮捕されたとか

逮捕に至らなかったとか…

 

でも、寺がないってのは

どういうことかと言いますと、

 

水無昭善さんの寺は正確には

みなさんがイメージする寺院とは

少し違うんですよね。

 

というのも水無昭善さんは

実家に「」を設けてこの壇を

寺として扱っていたのです。

 

え??やっぱ詐欺じゃん…

 

と思いますよね?

実はこの「」を設けていれば

実家やアパートなんかでも

寺とすることが可能なんです!

 

知らなかった!!

 

ということで水無昭善さんの

祥炎山不動院は寺として

実家に存在しました。

 

スポンサードリンク

水無昭善が高野山で修行した阿闍梨・高僧問題は週刊誌が悪い!

そしてもう一つ、

水無昭善さんには不幸な事件

起こっていました。

 

それは「ニセ高僧事件」。

 

これは週刊誌週刊女性

水無昭善さんを高僧阿闍梨

表現したのが問題と

なっていたのですが、

 

なぜ「高僧・阿闍梨」だと

まずいのか!

その理由を説明しますね。

 

 

高僧というのは徳の高い僧を

表す言葉で阿闍梨(あじゃり)は

僧に与えられた職位です。

 

簡単にいうと偉いお坊さん

となるようです。

 

水無昭善さんは20代にして

阿闍梨になった非常に

優秀な方なのでテレビや週刊誌が

阿闍梨」や「高僧」という

言葉で紹介したい気持ちは

わかりますよね。

 

しかし、阿闍梨にも階級が

たくさん存在するので

ひとくくりに「阿闍梨」と

表現されてしまうことに

違和感をもった水無昭善さんは

 

上の階級の阿闍梨の先輩を

考えて出版社に「阿闍梨」

という表現をやめてほしいと

いったのです。

 

週刊誌はそれに応じたのですが

すでに世に出てしまった

記事は人々に読まれてしまい

手遅れになっていたのですね。

 

これによるトラブルが

実際にあったかは明らかに

なっていませんが、

少なくとも他の阿闍梨の方の

反感をかったのは

間違いなさそうです。

 

しかも、高野山で修行したのが

とか短期間というデマも

書かれてしまったようで

散々だったんですよ。

 

かわいそう…

 

スポンサードリンク

水無昭善の破門・絶縁の理由が詐欺は犯人の嘘まとめ

今回は阿闍梨である

水無昭善さんの

  • 水無昭善の破門・絶縁
  • 水無昭善の詐欺と嘘
  • 犯人の嫌がらせ
  • 阿闍梨や高僧で週刊誌と…
  • 実家に寺がある

について紹介しました。

 

こうやって見ると

人生のノっている時に

最低な目に遭っていますね!

 

犯人と週刊誌には

本当に反省してほしい。

 

そして水無昭善さんは

久しぶりにテレビ番組

爆報フライデーに登場した

ようなので

 

これをきっかけにまた

テレビで観られることを

楽しみにしています!!

コメント