仁支川峰子の若い頃や生い立ち!栄養失調に交通事故!甲状腺癌の手術失敗や家が豪雨で不幸にも!

女優の仁支川峰子にしかわみねこ

さんの生い立ち貧乏

若い頃が美人過ぎる!!

実家が貧乏栄養失調になり

交通事故で九死に一生!

甲状腺癌になり

手術するも失敗していた?

豪雨で流される不運な人生。

スポンサードリンク

仁支川峰子の若い頃や生い立ち!栄養失調?不幸な生い立ち

女優の仁支川峰子さんは

1958年福岡県に生まれ

本名は福田峰子といいます。

生い立ちは貧しく

実家が非常に貧乏だったので

まともな食事をとることが

できない時期もありました。

満足に食べていくことが

困難だったこともあり

栄養失調になったこともある

仁支川峰子さん。

栄養失調でも食べ物が

増えるわけではないので

そのまま死んでしまうと

思ったそうです。

貧しい生い立ちというのは

何も食事に関すること

だけではなく

仁支川峰子さんの実家

水道も電気もないという

今では考えられない

超極貧生活でした!

しかし、中学生になり

状況が少しずつ変わって来ます。

歌の才能が開花し始め

のど自慢大会では出る大会で

必ず入賞するほど!

そして高校生の時に出場した

全日本歌謡コンテスト

見事優勝したことをきっかけに

高校を中退して芸能界入りを

果たしたのです!

しかも、翌年には紅白歌合戦

出場するのですから。

ちなみに、仁支川峰子さんは

産みの母親捨てられていて

育ての母親とは血が繋がって

いないんですよね。

仁支川峰子さんを知っている人が

生い立ちを聞いたら

驚くでしょうね。

スポンサードリンク

ちなみに、仁支川峰子さんの

デビュー時画像がこちら

若い頃はさすがに今とは

違いますがそれでも

仁支川峰子さんだと分かりますね。

他にも仁支川峰子さんの

若い頃画像があるので

見ていただきましょう!

仁支川峰子若い頃

むっちゃ可愛いですね!

んでもって画像の右下がかなり

きわどい!!

仁支川峰子さんはデビューから

歌手、そして女優として

順調に成功してお金を

たくさん稼いだんですね。

そして、生い立ちでも紹介

したように仁支川峰子さんの

実家は超極貧で電気も

水道もなかったのです。

仁支川峰子さんは自身が

仕事で稼いだお金で

両親に一軒家を買ってあげました。

なんて親孝行なんでしょう!

若い頃から親を想い

しっかりと仕事をしてきた

仁支川峰子さんは本当に

素晴らしいですね。

スポンサードリンク

仁支川峰子が交通事故に!家が豪雨で不幸にも流される?

仁支川峰子さんは

貧しい生い立ちから

芸能界で一気に逆転!

仕事が絶え間なく回って来て

多忙を極めていました。

しかし、まさかの不幸

仁支川峰子さんを襲います。

ある日の仕事の移動中に

マネージャーが運転する車に

乗っていた仁支川峰子さん。

マネージャーが運転する

その車が交通事故を起こして

仁支川峰子さんはムチ打ちに

奇跡的に命に別状なく

九死に一生を得ましたが

命を落としてもおかしくない

交通事故でした。

車が大破した大事故だったので

本当によく生きていました!

さて、お金をたくさん

稼いでいた仁支川峰子さんは

栃木県に当時2億円もする

大豪邸を建てました。

1100坪の土地に

大きな大きな豪邸です。

しかし、ふたたび不幸

仁支川峰子さんを

襲います。

豪邸を建設中に豪雨に見舞われ

仁支川峰子さんの豪邸

豪雨によって流されて

しまったのです。

購入してたったの1ヶ月!!

たったの1ヶ月でですよ!!

豪雨で家が流されるって

本当に不幸中不幸ですよね!

しかも、まだ建設途中だったので

仁支川峰子さんは

保険に入っていなかったのです。

不幸すぎる!!

仕事が順調にいっても

交通事故に遭ったり

豪雨で流されたり

不幸だらけの仁支川峰子さんの

人生なんです。

スポンサードリンク

仁支川峰子の甲状腺癌の手術は失敗していた!不幸すぎ!

生い立ちからこれまでに

不幸の連続だった

仁支川峰子さん。

実はこんな不幸話もあります。

ある日、首のあたりに

なにやらシコリのような違和感を

感じた仁支川峰子さん。

病院へ行って検査を受けると

甲状腺乳頭がんであることが

わかりました。

声帯に癌が移らないうちに

早く手術をしようと

思った仁支川峰子さんは

すぐに手術に踏み切ります。

甲状腺ガンの摘出手術を

終えて病室に戻った

仁支川峰子さんに不幸が訪れます。

手術した甲状腺のあたりが

腫れ上がって来たのです。

実は手術失敗していて

手術部から出血が起きていました。

手術失敗により病室から

手術室へ戻った仁支川峰子さん。

その後2時間ほどかかって

なんとか止血して

ことなきを得たのですが

手術失敗なんてこれまた

不幸ですね、仁支川峰子さん。

しかも、仁支川峰子さんが

手術をお願いした医師は

かなりの名医だったらしく

手術ミスなんてないと

仁支川峰子さんは思っていました。

まあ、手術ミスがあっても

今が無事であればいいですが。

スポンサードリンク

仁支川峰子の若い頃や生い立ち!交通事故や甲状腺癌の手術失敗など不幸まとめ

仁支川峰子さんは

生い立ちがなかなかの

貧乏で栄養失調

なるほどでした。

貧乏から脱出してからも

不幸は続き

マネージャーの運転する車が

大破するほどの交通事故

かったばかりの豪雨

流される

甲状腺癌手術失敗して

緊急手術を受ける。

など、様々な不幸に見舞われています。

仁支川峰子さん、

まだ幸せはつかめます。

不幸が起こりませんように!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする