関学大のアメフト被害者に危害予告!犯人は日大内田前監督の関係者か?

5月6日に行われた日大VS関学大のアメフトの試合で

日大選手からの悪質タックルで負傷した

関学大の選手への危害予告があったことが5月25日に

わかりました。

 

パスを投げた後の無防備な状態でタックルを受けた

被害者の関学大アメフト部、奥野選手の父親に

「6月1日までに息子(奥の選手)に危害を加える」

という情報が警察から入りました。

 

被害者である奥野選手の父親は5月24日に

自身のSNSで今回の加害者である宮川選手を

擁護する内容を書き込んでいました。

 

 

その内容は簡単に書くと次のようになります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

宮川選手が批判されながらも会見の場に立ち

自身の過ちを反省しているにも関わらず

前監督が今回の悪質タックルへの一切の関与を否定し

逃れようとしている。

 

この事実が自分の息子と宮川選手を重ねると

指導者に対して体の震えが止まらない。

これでは宮川選手があまりにも可哀想すぎる。

 

前監督が悪質タックルのシーンを見ていなかったと

言っているがそれが本当なのか確かめるために

試合中のビデオや動画、写真で前監督の体の向きなどが

わかる情報が欲しいので協力して欲しい。

 

宮川選手の減刑と前監督、コーチに対する

厳重処分の嘆願書を出そうと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

関学大の被害者の父親でありながら

今回の事件に関して宮川選手だけに責任を

押し付けようとしている内田前監督やコーチに

憤りを感じ、宮川選手の減刑を求めています。

 

 

スポンサードリンク

 

この翌日に警察から知らされた「危害予告」

これは明らかに日大の内田前監督やコーチの関係者による

脅迫の可能性が高いです。

 

内田前監督、コーチに対する厳重処分の嘆願書を

出されては困る人間の犯行で

嘆願書を出されないように危害予告をしたのでしょう。

 

この場合、危害予告をした犯人は脅迫罪として罪に問われ

こんかいの危害予告によって関学大選手や関係者に

被害が及ばないように警備を増強せざるを得なくなった場合は

警察に対する偽計業務妨害の容疑で

逮捕されることもあります。

 

第三者のイタズラだといいのですが

本当に日大のアメフト部の内田前監督やコーチの関係者が

危害予告をしたのであれば

今回の事件はさらに大ごとに発展していくでしょう。

 

とにかく、今は被害者が出ないことを祈るしかありません。

コメント