簡単!釣れちゃうメバリング(道具編〜1)

メバリング

 

今回の釣った者勝ちはメバル!

 

メバルという魚、おめめパッチリかわいい魚、引きバッチリの楽しい魚ですね。

私はメバル釣り(以下メバリング)が大大大好きでございます。ライトタックルに細いラインの高感度装備でメバルと会話するかのようにアタリを取っていくあのドキドキ感、ファイト

たまりません!!早速釣り方を紹介していきましょう

 

 

準備するもの

  • ロッド+リール
  • ルアー

以上。(ライフジャケットなどは必要ですよ!!)

 

 

え?と思われた方、そうです、そうなんです。

この手軽さがメバリンクの魅力なのです

 

説明していきますね。

ロッドは「メバル ロッド」と検索して出てきた物でいいです!投げやりかもしれませんが、メバリングやアジング(アジ釣り)の安めのロッド(とは言っても5000円以上はしてしまう)でいいと思います。

 

これは道具全般に言えることですが、安めの道具で釣りをしてスキルアップとともに自分に合った道具を選んでいけば良いのです。

 

メバリングのロッドにはチューブラーという穂先の硬い物と、ソリッドという穂先の柔らかい物があります。

 

 

チューブラーとソリッド

チューブラーのメリットは穂先が硬い分、手に伝わる感度が非常に良いです。メバルがルアーに触ってきた感覚が

ベンベンッ!バンバンッ!ビビビン!

と伝わってきます。これは面白いですよ!

そしてルアーの操作がしやすい。穂先が硬い分ロッドを動かした力がルアーに伝わりやすいのです。

 

デメリットは穂先が硬いため反発力が高いため、ルアーに食いついてきたメバルが「あ、これはエサじゃないぞ」と気付き口を離してしまうことです。

人間の手元にビンビン反応が伝わるということは、それだけ魚にもこちらからの抵抗も伝わるということです。

 

一方ソリッドは穂先が柔らかくメバルがルアーにちょっかい出してきてもメバルに違和感を感じさせにくい、つまりバラしにくいということです。反対に感度はチューブラーに劣るためビンビンというよりはヒュンヒュン、ヒュコヒュコ・・・という感じです(でも完全に魚が針にかかるとビビビビビーーーーンときます!!)。 操作性もチューブラーに軍配。

  • チューブラー・・・感度、操作性が良い
  • ソリッド・・・バラしが少ない

てな感じです。

どっちが良いのさ!と思った方、では言いましょう

日中はチューブラー、夜はソリッド

これについてはメバリンク実釣編で説明します。

 

ただ、初めての方が最初に買うロッドはチューブラーか2つの中間型(ハイブリッド型もあるのです)をおすすめします。ルアーを泳がせるのって意外と難しいので、まずはチューブラーでしっかりルアーを操作できるようになりましょう。

 

次にリールです。

リールも「メバル リール」と検索して出てきた物で!

ただ、ここで一つアドバイスをするなら、リールは性能が高い物を使用するのが釣果アップに繋がります。

 

メバリングには小さなくて軽いルアーを使用します、リールがの性能が悪いとスムーズに糸を巻きとれず、ルアーの動きに影響が出て魚に違和感を与えてしまうだけでなく、手元に伝わるメバルからの信号を見落としてしまう原因となります。釣果が欲しいなら高性能リールを。

 

あと、何と言っても

 

いいリールって巻き心地が気持ちい〜んです

 

これって結構重要なことなんです!

買ってからしばらくは、意味もなくリールをスイ〜スイ〜と回して感覚を味わう快感。

わかる人も多いはず。

 

ちなみに、リールは1000〜2500番くらいの規格の物にしましょう、1000番以下では力不足+糸を巻ける容量が小さい、3000番クラスではうまくルアーを投げられないと思います。

 

正直、リールはロッドとは違って、「自分に合う」というよりは「良い、悪い」という感じなので正しい規格で良い性能の物を選べば良いと思います。

良いリール買えばよかった!と後悔して買い換えるより最初から少し良い物買っちゃいましょう。

 

ロッドとリールについては以上ですが、今回説明してきたのは全てスピニングリール・スピニングロッドについてです。

ベイトリール・ベイトロッドという物もありますが、これはメバリングには不向きこの上ないです。

 

購入する際はスピニングですよ!

 

まとめ

  • 最初のロッドはチューブラー(安くてOK)
  • リールは1000〜2500番くらいの高性能
  • いずれもスピニング

 

 

次回はルアーについて説明していきます。

コメント