防波堤からの簡単サビキ釣り〜1(道具編)

今回の釣った者勝ちは、サビキ釣り!

防波堤からのサビキ釣りは手軽で簡単に出来ることから、ファミリーで楽しまれている釣り人さんも見かけますね。

サビキ釣りと言っても対象魚によって場所や、道具、餌などが異なりますので、

今回は防波堤からのサビキ釣り!

対象魚はアジ、イワシです。それ以外にもメバルや小鯛、カワハギなんかも釣れます。

大物ではなく、手のひらサイズ以下の魚の数釣りが楽しめる釣りですね。

道具

防波堤や漁港でのサビキ釣りは、高価な道具がなくても楽しむ事ができます。

  • ロッド
  • リール
  • サビキ仕掛け

があればすぐにでも始められます。

では一つずつ説明していきます。

ロッド

ロッドはサビキ仕掛けの重さに耐えられる竿であれば何でもいいと思います。

大体6号〜10号の錘を耐えられれば十分です。

メバリングやアジングのロッドを使用すると、重さに耐えきれずにポッキリ折れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

あとは長さですね。

足元にいいる魚を狙う場合に、あまり長いロッドだと足元に落とせず、さらに操作しにくいため効率が落ちます。

ある程度離れたところの魚を狙う場合に、ロッドが短すぎると仕掛けを投げられません。

この両方に困らない長さは3mそこそこでしょう。

遠投を考えると4m以上あった方が良いです。

とは言っても、最初にお話しした通り

ロッドはサビキ仕掛けの重さに耐えられる竿であれば何でもいいと思います。

リール

これも何でもいいです。3000番くらいのリールが調度良いと思います。

ただし、あまりにも安いリールはライントラブルが起こりやすい上に、壊れやすいのでお勧めしません。

あまりにも安いというのは1000円くらいの物ですね。

私の経験上、3000円以上からリールの質が変わって来る気がします。店頭で実際にリールを触ってみると分かりますが、良いリールは本当に滑らかで気持ちがいいです!

ちなみに、ラインはナイロンを巻きます。

ロッドとリールについてお話ししましたが、長い目を見るとそれなりの道具を揃える必要があると思いますが、「一回やってみたいけどお金を使いたくない」というのであれば、釣具屋さんで売っているロッドとリールのセットで2000円程度の物で試して見ると良いと思います。

サビキ仕掛け

サビキは一本の糸の途中に5つ程度の針が付いている仕掛けですね。糸の上はラインを結ぶためのサルカン(あるいはスナップ)がついており、糸の下には錘をつけるためのスナップが付いています。

つまり、ラインとサルカン(仕掛けの上部)を結び、その下に針がポツリポツリと付いていて、一番下に錘を付けると言った具合ですね。

そして、これにコマセカゴという物を付けます。

このカゴに餌(以下:コマセ)を入れて魚をおびき寄せます。

さて、このコマセカゴの取り付け位置については釣り場所と個人の好みが影響します。

仕掛け上部のサルカンにつける

これは、水深が浅い場所(水深3m程度)で有効です。なぜなら、コマセカゴと海底との距離が近いために、コマセが海底に落ち、溜まるため、上にある針を食ってくれないのです。

上部につけると、コマセが針を通過して落ちて言ってくれるため、その間に魚が食いついてくれるというわけです。

仕掛け下部のスナップにつける

これは、魚がいる場所でしっかりアピールした時に有効です。下カゴは沈む勢いで餌が出やすく一気にアピールできるため、そこに魚がいると分かっていれば下カゴが良いと思います。

また、下カゴの方がコマセを中に入れやすいので手返しが良いですね。

ちなみに、コマセカゴには錘との一体型も存在しますので、下カゴに一体型を使用する場合は錘は不要となります。

また、一体型を上カゴに使用してしまうと仕掛け全体の重量が増し、腕や肩が疲れますので避けた方が良いでしょう。

サビキの話に戻りますが、サビキについている針をよくみて見ると、ビーズが付いていたり、キラキラした羽などが付いていますね。これはは針を餌だと思わせて食いつきを良くするための工夫です。言ってみれば疑似餌。

つまり、ルアーなのです。

そのため、状況によって釣れるサビキというものが当然あります。夜は発光するサビキ、とか、日中は、、、、と。

まとめ

  • 大体6号〜10号の錘を耐えられる3m〜4m程度のロッド
  • 3000番のリール、ラインはナイロン

今回は道具についての解説でした。

次回は餌や釣り場、釣り方についてです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする