雷雨喘息が日本で起こる地域はどこ!花粉症の人は薬やマスクで予防!

美容・健康

 

嵐などの荒れ日にいきなり喉が腫れて

呼吸が苦しくなり息が出来なくなる。

 

オーストラリアのメルボルンで13000人が病院に救急搬送され

9人の死者がでるという奇妙な事件が起こりました。

 

 

その原因は咳喘息。

 

雷雨喘息とは嵐によって巻き上げられた花粉などの

アレルゲンが雲の中で細かく散らばり

それが下降気流によって一気に地上に降り注ぐことで

体が異常なアレルギー反応を起こし喘息発作を起こすことです。

 

 

風が強い日は砂ぼこりが待って空が黄みががりますが

そこにはもしかすると大量の花粉が含まれていて

だまって浴びてしまうと雷雨喘息になってしまうかもしれません。

 

この恐ろしい雷雨喘息は日本でも起こる可能性があります。

日本で雷雨喘息が起こりやすい地域や

予防法について解説していきますので参考にしてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

日本で雷雨喘息が起こりやすい地域

雷雨喘息は日本でも起こる可能性が十分にあり

実際に日本国内で嵐の時はアレルギー性喘息になる人が

増えるという報告があります。

 

死に至らずともすでに日本でも雷雨喘息は存在するので

雷雨喘息の存在を覚えておく必要があります。

 

 

咳喘息が起こりやすい地域としては

  • 花粉症患者が多い都道府県
  • 風が強い(嵐が多い)都道府県

から予測する事が可能です。

 

 

日本で花粉症患者が多い都道府県は

  1. 群馬県
  2. 山梨県
  3. 滋賀県

となっていて、県民の半分が花粉症というデータがあります。

これは分かっている範囲での話なので

受診して見たらもっと増えるかもしれませんね。

 

 

 

次に嵐が多い都道府県。

  • 愛媛県
  • 群馬県
  • 山形県
  • 岡山県
  • 千葉県

ここにあげた地域は特に風が強い地域です。

 

見ていただいて分かるように群馬県は花粉症の多い都道府県

風の強い都道府県のどちらにも選ばれています。

 

 

つまり、群馬県は花粉がたくさん舞っていて

風によって雷雨喘息を引き起こす可能性があるのです。

 

他の地域が安全と言えるわけではありませんが

群馬県の人は花粉症の季節は特に注意が必要ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

花粉症の人は薬やマスクで予防

 

雷雨喘息はすでに花粉症の人が起こりやすく

現在花粉症の人は花粉の状況だけでなく

嵐などの情報にも注意しておく必要があります。

 

花粉症の人の多くは病院に通い

薬をもらっていると思います。

 

 

薬を飲んでいて花粉症の症状がおさまって

油断して薬を飲まなくなってはいませんか?

 

この時に雷雨喘息を引き起こす嵐が来てしまったら

どうなるかわかりませんよ!!

 

記事:桃月なしこはアレルギー性喘息!自宅アパート公開!

 

 

雷雨喘息は免疫が過剰に反応する強烈なアレルギー反応で

抗アレルギー薬を服用していると

していない場合に比べて雷雨喘息になりにくい

もしくは、雷雨喘息になっても症状が軽く済みます。

 

花粉が飛び散っている時期には症状が軽くなっていても

病院の先生と相談して抗アレルギー薬を

続けた方がいいかもしれません。

(しっかりと医師または薬剤師に相談しましょう)

 

 

また、その前段階の予防も怠ってはいけません!

前段階の予防と言うのはマスクのことです。

 

花粉症の人はマスクなしでは外出できないくらい

症状がひどい人が多いですから

改めて説明する必要はないと思いますが

花粉を吸い込まないようにするのが1番の予防です。

 

マスクによる外からのブロック!

薬による内からのブロック!

 

雷雨喘息を予防するためにもこの2点は最低限

しっかりと対策しておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

雷雨喘息・まとめ

死者が出てしまうほどの恐ろしい雷雨喘息。

 

これは嵐により花粉が巻き上げられ細かくなった花粉が

一気に地上に降り注ぐことが原因です。

症状の多くは軌道が塞がる事による呼吸困難。

 

花粉症を持った人に発症する危険が非常に大きく

日本でも似たようなことが起きています。

 

 

日本で雷雨喘息が起こりやすい地域は

花粉が多く(花粉症患者が多く)、

嵐が多い地域ということになります。

 

その地域をあえて言うなら群馬県。

もちろん他の地域でも大規模な雷雨喘息が起こる可能性は

充分にあるので油断はできません。

 

花粉症の人は群馬県に行く時に

普段飲んでいる抗アレルギー薬とマスクを持っていきましょう。

 

 

オーストラリアで起きた大規模な雷雨喘息。

非常に恐ろしいですよね。

予防対策でしっかりと自分の身を守りましょう!!

 

関連記事:雷雨喘息のメカニズム!花粉症で脂肪?嵐に注意!

 

 

薬剤師監修

コメント