西城秀樹の死亡原因は急性心不全。訃報。脳梗塞で半身麻痺があった。

歌手の西城秀樹さん(本名:木本龍雄)さんが

5月16日の午後11時53分に亡くなったことが

わかりました。

西城秀樹さんは63歳でした。

死亡原因は急性心不全で2003年と2011年に

脳梗塞になっていた西城秀樹さんには

その頃から心臓に何かしらの異変があったと思われます。

脳梗塞によって右半身に麻痺が残り

リハビリに励んでいた西城秀樹さんですが

今年の4月に入院しその病院で息を引き取りました。

2003年に脳梗塞を発症してからうまく言葉を

話せなくなった西城秀樹さんですが

諦めずにリハビリを続けていました。

しかし2011年に再び脳梗塞になってしまいます。

そして2018年、5月16日に急性心不全が原因で

なくなりました。

突然死の原因とも言われる急性心不全は

心臓の機能がうまく働かなくなる急性の病気で

西城秀樹さんは以前から心臓の機能がうまく

働いていなかったのではないかと考えられます。

というのも、西城秀樹さんは今までに

2度も脳梗塞にあっています。

脳梗塞の原因の1つとして

心房細動という心臓の筋肉が痙攣したように

細かくふるえてしまう病気があります。

復帰に向けてリハビリと体調管理を

おこなっていた西城秀樹さんが再び脳梗塞になるなんて

やはり心臓に異常があったと考えるのが普通でしょう。

スポンサードリンク

死因は急性心不全ですが、おそらく以前から

心房細動のような心臓の機能異常があり

それが原因で今回、心臓が耐えられなくなり

西城秀樹さんを死に至らせたのでしょう。

カラオケでは老若男女、世代を問わずに歌える

西城秀樹さんの代表曲「ヤングマン」。

そのほかにも素晴らしいものを世に残してくれた

西城秀樹さんの死はとても悲しいものです。

63歳というあまりにも早すぎる西城秀樹さん死。

しかし、これからも西城秀樹さんの記憶と功績は

我々の心の中で生き続けるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする