正義のセの竹村豆腐店やけんじろーグッズ、横浜地検を紹介!小説がドラマ化

ドラマ

出典

 

4月11日から放送スタートの吉高由里子さん主演

ドラマ「正義のセ」は主人公の凛々子が

全力で仕事に打ち込み、壁にぶち当たっていく

痛快なお仕事ドラマですよね!

 

吉高由里子さん演じる竹村凛々子(たけむらりりこ)は

大阪から横浜地方検察庁に移動してきた

2年目の新米検事です。

実家は東京の下町で両親が豆腐屋さんを経営しています。

 

 

まっすぐで、不器用な性格の竹村凛々子は

吉高由里子さんにぴったりの役ですよね!

 

今回はドラマ『正義のセ』に登場する

「けんじろーグッズ」や竹村凛々子の実家の

「竹村豆腐店」、「横浜地検」について紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

『正義のセ』の「けんじろーグッズ」

阿川佐和子さんの小説が原作の『正義のセ』は

事件を調査し、解決しようと奮闘する

検事を描いたドラマで主役の竹村凛々子は「検事」です。

 

『正義のセ』のドラマ中には「けんじろー」という

検事のマスコットキャラクター(?)が

登場するのですが、この「けんじろーグッズ」が

販売されているみたいなんです!

 

こいつが「けんじろー」。

これは、、、鳥?

 

胸(お腹?)に付いていつのは検事のバッジで

この「けんじろー」はどうやら

検事のようですね。

こんな可愛いヤツが検事で大丈夫なのか、、、

 

 

ドラマではこの「けんじろーマグカップ」が

使用されています。

気をつけて見ていないと見逃してしまうので

是非その辺にも注意しながらご覧になってくださいね!

 

 

スポンサードリンク

 

『正義のセ』の竹村豆腐店

竹村凛々子の実家は東京の下町で両親と妹の

4人家族です。

 

父、竹村浩市(生瀬勝久)は竹村豆腐店の店主で

義理人情に厚い生粋の江戸っ子!

涙もろく面倒見が良く少し口うるさい。

 

母、竹村芳子(宮崎美子)は温厚で優しく

多少のことは気にしない性格で竹村家を支えています。

 

妹の竹村温故(広瀬アリスは)竹村凛々子と仲良しで

仕事や恋愛の相談相手です。

 

両親が経営している豆腐屋さん「竹村豆腐店」は

父親の出身である東京の下町にあり

昔ながらの作り方で作った豆腐はとても美味しそうです。

 

 

というわけでこの豆腐店が実在するのか調査したのですが

やはりドラマ用に作られた店名で

存在しませんでした。

 

東京下町の有名な豆腐屋さんで「杉田とうふ屋」という

お店があります。

ここは昭和8年創業で昔ながらの手作りのお店で

夫婦二人三脚で毎朝丁寧に作っています。

 

出典

 

なんか「竹村豆腐店」みたいですよね!!

 

 

『正義のセ』を見て手作り豆腐を食べたくなった方は

足を運んで見てください。

 

 

スポンサードリンク

 

『正義のセ』の横浜地検

主人公の竹村凛々子が勤務する横浜地検は

横浜地方検察庁の略称でそのなかでも凛々子は

港南支部という所で働いています。

 

この横浜地検の港南支部は実在して

竹村凛々子と同じように日々捜査に奮闘しています。

 

 

ちなみに、検察庁というのは警察などの捜査機関からの

捜査依頼を受けて捜査して起訴・不起訴を

決める機関ですね。

 

その中で竹村凛々子のような検事は主に

捜査や裁判を執行する指揮監督の役割を持っています。

 

 

まとめ

阿川佐和子さんの小説が原作のドラマ『正義のセ』は

主演を吉高由里子さんが勤め役は新米刑事の竹村凛々子。

 

まっすぐな性格で融通がきかなく失敗だらけの

竹村凛々子が勤務するのは横浜地検(横浜地方検察庁)。

ここは実際に存在する場所です。

 

竹村凛々子の実家は東京の下町で豆腐屋さんを営んでいます。

手作りの豆腐は美味しそうですが

残念ながらドラマに出てくる「竹村豆腐店」は

実在しませんでした。

 

『正義のセ』に出てくるマスコットキャラクターの

「けんじろー」はなんとグッズなっていて

「けんじろーマグカップ」がドラマに登場するので

探して見てください!!

 

吉高由里子さんの痛快お仕事ドラマ『正義のセ』!

是非ご覧くださいね。

 

『正義のセ』の関連記事

記事:『正義のセ』放送時間・回数!ストーリーとキャスト!

コメント