タイワンハブ(台湾ハブ)味や日本の生息地域とハブとの違い!グリル厄介(鉄腕ダッシュ)!

生き物

沖縄に生息する猛毒のヘビ

といったらハブですよね。

 

獰猛で噛まれたらアウトな

ハブですが現在沖縄には

さらに危険な生物、

タイワンハブ(台湾ハブ)

増殖しているのです!

 

鉄腕ダッシュグリル厄介

食べるタイワンハブの味は?

 

日本の生息地はどこ?

 

スポンサードリンク

タイワンハブ(台湾ハブ)生息地とハブとの違い!

沖縄の猛毒生物といえばハブ

しかし、今回紹介するのは

ただのハブではなく

タイワンハブ(台湾ハブ)という

種類のハブです。

 

 

タイワンハブはその名の通り

台湾や中国の南の地域に

生息しているハブで

近年では日本にも生息地域を

拡大しているようです。

 

現在確認されている日本での

生息地域は沖縄県で

今の所は本島のみでの生息が

確認されています。

 

しかし、沖縄本島ではかなり

増殖している台湾ハブ。

 

いつ本州に渡ってくるか

わかりません…

 

日本での生息地域が

広がらないよう駆除がおこなわれて

いるのですが、怖いですね。

 

タイワンハブハブ違い

毒の強さと、牙の長さが

大きく異なります。

 

タイワンハブ(台湾ハブ)と

普通のハブの違いを以下に

まとめてみました。

左:台湾ハブ、右:ハブ

タイワンハブ(ハブに比べて)

  • 毒が強い
  • 牙が長い
  • 毒の量が少ない
  • 攻撃性が弱い
  • 顔が細長い

タイワンハブはハブに比べて

毒の量が少なく性格も

攻撃性は強くないですが、

 

毒が強く牙が長いため

噛まれた場合は深くまで

猛毒が体内に入り

深刻化することが多いです。

 

性格がハブより優しいので

死者はそこまで多くないようですが

やはり沖縄で増殖しているので

危険なことには変わりませんね。

 

スポンサードリンク

タイワンハブの味は?鉄腕ダッシュのグリル厄介!

そんな困った存在である

タイワンハブ(台湾ハブ)

駆除ついでに食べるのが

鉄腕ダッシュグリル厄介!!

 

え?

 

タイワンハブって猛毒を持つのに

食べても大丈夫なの?

 

 

実はハブの毒は人間の血液に

入ってしまうと危険ですが

口から入る分には大丈夫なんです。

 

ハブの毒は胃の中で無害なものに

分解されてしまうので

噛まれさえしなければ大丈夫!!

 

それにしても鉄腕ダッシュの

グリル厄介では本当に

芸人さんでも食べたがらない

食材をアイドルに食べさせますね!

 

さて、気になるタイワンハブの

なのですが、

タイワンハブも普通のヘビと

同様に鶏肉にそっくりな味

 

ただ、鶏肉よりもクセがなく

淡白であっさりしているんです。

 

見た目的にはクセが

かなりありそうですが意外ですね。

 

タイワンハブの食べ方

なのですが、やはり美味しいのが

スープ、唐揚げ、ハンバーグ

といったヘビの王道の食べ方

 

もう食べ方に関しては

他のヘビと同じ感覚でOK!

 

細かい骨が多くて

食べるのがめんどくさいのが

厄介ですがそこは

我慢するしかありません。

 

あ、皆さんは沖縄で

タイワンハブを見かけても

安易に捕まえようとしては

いけませんよ!!

 

本当に危険なので。

 

スポンサードリンク

タイワンハブ(台湾ハブ)味や日本の生息地域とハブとの違いまとめ

沖縄に増えてきている

タイワンハブ(台湾ハブ)という

ハブの仲間。

 

性格は穏やかなのですが

猛毒なので注意が必要です!

 

ハブとの違いはこちら

タイワンハブ(ハブに比べて)

  • 毒が強い
  • 牙が長い
  • 毒の量が少ない
  • 攻撃性が弱い
  • 顔が細長い

 

鉄腕ダッシュのグリル厄介では

鶏肉のような味の

タイワンハブを美味しく

いただくようですね。

 

現段階では日本での生息地は

沖縄の本当のみですが

これが離島や本州に

広がらないことをいのります。

コメント