田中彩子の喋り方や日本語はドイツ語のせい?発音や呂律が変な美女!

美しすぎるソプラノ歌手の田中彩子さん

「美しすぎる〜」って付けられてしまう人たちが

結構いますが正直名前負けしてしまって

「まあ、可愛いけどさ、美しすぎるは言い過ぎじゃない?」

って人が多いと思うんです。

その「美しすぎる〜」にが何の違和感もない

文句なしスタンディングオーベーション急に

美しいのが田中彩子さんです。

(個人的な好みかもしれませんが)

ソプラノ歌手の田中彩子さんは

最近バラエティ番組によく出る機会があって

歌声と美貌に注目が集まっていますが、

もうひとつ、注目されているポイントがあります。

それが喋り方。

今回は美人すぎるソプラノ歌手:田中彩子さんの

変わった喋り方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

田中彩子の喋り方(発音・呂律)が変

田中彩子さんの歌声は非常に綺麗で音楽のことが

あまり分からない私でも

聴いていて心が澄んでいく感覚があったり

鳥肌がたったりしたので相当凄いのだと思います。

そして田中彩子さんの見た目!

出典

美しすぎる!!

こんな美女が歌も歌えるなんて!!女神!?

すこしKARAのギュリさんに似てませんか?

ただ、こんな完璧な田中彩子さんですが

弱点があります。

それは「話し方が変」というところ。

「か・き・く・け・こ」

「さ・し・す・せ・そ」

の発音がハッキリとうまく出来ないようで

若干呂律が回っていないようにも感じるのです。

では、実際に見ていただきましょう。

1分過ぎくらいから田中彩子さんの喋りがありますね。

いやぁ、美人ですね!!

えー、見ていただいてわかる通り

発音が外国語っぽいですよね。

イントネーションもなんか違いますよね。

スポンサードリンク

田中彩子さんは18歳の時に単身でウィーンに

声楽の勉強をしにいきました。

そこから16年間ウィーンで音楽をやっているんです。

動画にもありましたが4〜5年まったく日本語を

話さなかった時期もありそのうちに

発音やイントネーションがおかしくなっていったそうです。

そして日本語自体を忘れていったようですね。

周りに日本人がいない状況で1人でその国に馴染んでいった

田中彩子さんはウィーンの人間になり

必死で音楽の勉強したというのが分かりますね。

記事:ゆかりの小雪の彼氏や現在!喋り方や下着!性格は?

記事:千住真理子の実家が金持ちすぎる!?

田中彩子の日本語はドイツ語の影響?

田中彩子さんが住んでいるウィーンでは

ドイツ語が話されていて田中彩子さんも普段は

ドイツ語を話して生活しています。

オーストリアのドイツ語は少し訛りがあるようで

おそらく田中彩子さんのドイツ語も

オーストリア訛りのドイツ語なのでしょう。

ドイツ語の特徴として空気を口から押し出しながら

発音する単語が多いような気がします。

田中彩子さんの日本語を聞いていても口から空気を

押し出すような話し方になっていますね。

それにしても、イントネーションや喋り方まで

忘れてしまうものなんですね!!

幼い頃に数年日本にいただけなら分かりますが、

18歳までは日本にいましたからよほどウィーンの環境で

音楽に集中したのでしょうね。

それに歌の歌詞も日本語ではないですから

うまく表現するためにも日常から日本語と離れる必要が

あったのかもしれません。

スポンサードリンク

田中彩子の喋り方のまとめ

美人すぎるソプラノ歌手の田中彩子さんは

その何恥じない超絶美人の女神のような方でした!

喋り方に驚きましたがカタコトの日本語がまた

可愛いんです!!

一生懸命なのが伝わってきますよね。

ウィーンに単身音楽の勉強をしに来て16年。

音楽に打ち込んでいく中で自然と日本語と触れる機会を失い

そのうち少しずつ日本語が抜けていってしまいました。

弱音を吐きたくなって日本の知り合いに電話したり

しなかったのでしょうかね?

気持ちが非常に強い方なんだろうなと思いました。

普段はドイツ語を話している田中彩子さんの

日本語はドイツ語の発音が少し出ているような気がします。

美人で才能豊かで喋り方が日本人なのに

外国の人みたいで可愛いだなんて最強ですね!!

大ファンになっちゃいました!!

これからもたまにテレビに出て欲しいです!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする