冬の田んぼアート駅!青森の田舎館村へ弘南鉄道で!有吉ゼミで紹介!

3月5日に放送の有吉ゼミ

青森県弘南鉄道でインスタ映えスポット

巡ります!!

滝沢カレンさんと石原良純さんが

冬の青森県弘南鉄道に乗ってロケをしました!

そしてたどり着いたのが

田んぼアート駅!!

皆さん、田んぼアートって知っていますか?

品種の異なる稲を植えることで

田んぼをキャンバスにアートを作るのですが、

秋に稲刈りを終えると絵は消えてしまいます。

ただ、冬は冬の田んぼアートが存在し

これがかなり綺麗でしかも泣けるんです!

では、さっそく見ていきましょう!!

スポンサードリンク

冬の田んぼアート・青森

まず冬の田んぼアートの前に

こちらをご覧ください!

これが青森県田舎館村が誇る

田んぼアートです。

品種の異なる稲を植えることで

こんなにダイナミックでハイクオリティーな

アートが生まれるんです。

(稲に着色をしているわけではありません)

そして稲の収穫の時期がくると

田んぼアートは刈り取られ、

田んぼはボウズ頭になってしまいます。

そして北国に厳しい冬がやってきます。

大量の雪が降り

田んぼがそこに存在するのかさえ

分からない状態の広大な土地

そこに冬の田んぼアートを描くのです。

田んぼアートとは言っても稲は育たないので

田んぼの土地を利用して

雪の上からスノーアートを描きます

この作業がとても大変なんです!

寒い真冬の青森県で一歩一歩足跡を残して

作品を作っていきます

http://www.vill.inakadate.lg.jp

寒い中、しかも雪に足をとられて

歩きにくい状態で

ひたすら構図通りにバランスをみながら

歩き続けなければならないのです!

せっかく途中まで終わっても

雪が降ってしまうとやり直しになります。

厳しい!!

記事:弘南鉄道の「けの汁列車」や貸切イベント列車?

完成した後に大雪が降り

観光客の目に触れる前に消えてしまったこともあります。

雪がなければ成立しないアートでありながら

雪が降ったら消えてしまう。

儚く美しいアートですね。

冬の田んぼアートは血は出ませんが

汗と涙の結晶なのです。

スポンサードリンク

弘南鉄道の田んぼアート駅

そんな冬の田んぼアートを見るには

車で会場まで行く方法もありますが

弘南鉄道を利用して

電車で行くこともできるんです

なんと「田んぼアート駅」という

田んぼアートの会場のすぐそばに駅があり

電車から降りてすぐ田んぼアートを楽しむことができます

通常「田んぼアート駅」は冬の期間は

停車しないのですが、

冬の田んぼアートを開催している間は

停車して訪れる人の交通を助けています

記事:弘南鉄道のつり革はりんご!隠しハート形も!

ちなみに、冬の田んぼアートは

田んぼアートの会場でも

第二会場と呼ばれるところにあるので

間違えないで下さい。

電車ですぐのところは第二会場で

冬の田んぼアートが楽しめます。

そして残念ながら、

2018年の田んぼアートはすでに

終了してしまいました。

雪が降ったら消えてしまうので

楽しめる期間が本当に短いんです!!

スポンサードリンク

冬の田んぼアート・まとめ

青森県田舎館村で有名な田んぼアート

にもスノーアートという形で

楽しむことができます。

人の足で一歩一歩描いていくので

かなり大変ですし

雪が降ってはやり直しての繰り返し。

冬の田んぼアート

氷点下の中での努力がなせる業。

見られる期間は短いですが、

だからこそ芸術として見る人を感動させるのです。

来年の冬はぜひ

弘南鉄道に乗って冬の田んぼアート

見に行ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする