ビタミンM(葉酸)で認知症、心筋梗塞を予防!ガッテン!

1月17日放送の「ガッテン!」は認知症、心筋梗塞予防についての特集です。

今までも認知症や心筋梗塞、血管の若返りなどを紹介していますが、今回はみなさんにあまり馴染みのない栄養素がキーワードになっているかもしれません。

その栄養素とは、ビタミンM!!

ビタミンMは別名を葉酸といい、妊婦さんが飲む薬というイメージがあるかもしれません。

ビタミンM(葉酸)には新しい細胞を作るのを助ける働きがあり、

神経や血管を新しく作り変えてくれる重要な栄養素なんです。

ビタミンMの上手な摂り方と、注意点をまとめたので

実践前にしっかりと理解して健康に役立ててください。

記事:ビタミンM(葉酸)の副作用や飲み合わせの注意。

主に働く場所・効果

ビタミンMが主に働くのは、

体の中で細胞の生まれ変わりが頻繁に行われているところです。

たとえば、血管です。

・認知症予防に効果がある

脳には非常にたくさんの神経が張り巡らされており、この神経は壊れやすい分

頻繁に作られています。

ビタミンMは神経を作る手助けをするため脳が若く保たれるわけですね。

つまり、認知症の予防にビタミンMは重要な役割を担っているのです。

・血管が若返る

血液の中には血管を傷つける物質(ホモシステイン)があり、ビタミンMはそれを

無害な形に変えてくれるため、血管は傷つかずに保たれます。

また、ビタミンMには血管を広げてくれる作用もあるため血行が良くなるんですね。

また、血管を傷つけるホモシステインは脳梗塞動脈硬化心筋梗塞の原因となると

考えられているため、ビタミンMに退治してもらうことで予防できるのです。

ビタミンMって凄い栄養素だとお分かりいただけたと思います。

スポンサードリンク

ビタミンM(葉酸)が足りないと

ビタミンMが体の中で不足すると次のような事が起こります。

  • 貧血
  • 抵抗力が下がる(免疫が落ちる)
  • がんになりやすくなる
  • 妊娠している場合、退治の体がうまく作られない

ビタミンM欠乏症になると貧血や抵抗力の低下など体が弱るのです。

同じ環境にいてもビタミンMが不足しやすい人がいます。

それはどんな人かと言うと、アルコールを多く飲む人です。

適量のアルコールであれば通常は問題ありませんが、

頻繁に多くの量飲むと葉酸の吸収が悪くなり欠乏症になりやすいのです。

そうでなくてもアルコールの摂り過ぎは体の毒ですから、飲み過ぎには注意が必要ですね。

ビタミンM(葉酸)が過剰になると

逆にビタミンMを多く摂り過ぎるとどうなるでしょうか。

ビタミンMの過剰症は以下の通り

  • 紅斑(体に赤い斑ができる)
  • 痒みがでる
  • だるくなる

ビタミンMは多く摂取しても、おしっこと一緒に出るためよほどのことがないかぎり

過剰症にはなりません。

しかし、稀に起こることがあるため注意が必要です。

記事:ビタミンM(葉酸)の副作用や飲み合わせの注意。

ビタミンM(葉酸)の上手な摂り方

ビタミンMが必要なのはわかったけど、どうやって摂取したらいいの?

と思っている方も多いですよね。

そこで、普段の生活からビタミンMを効率よく摂れる方法を紹介します。

ビタミンMが多く含まれる食材

  • ホウレンソウ
  • モロヘイヤ
  • ブロッコリー
  • 納豆
  • レバー
  • 果物
  • 焼き海苔
  • ほたて
  • うに
  • まいたけ
  • えのき
  • エリンギ
  • かぼちゃ

これを上手に摂れば良いのですが、ビタミンMの調理には気を付ける点が

いくつかあります。

注意する事!!

  • ビタミンMは熱に弱いため加熱しすぎると壊れてしまう。
  • 長い間保存していると酸化してビタミンMは壊れてしまう。
  • ビタミンMは水に溶け出す。

つまり、お鍋でグラグラ煮込んでしまうとせっかくのビタミンMが

壊れてしまい効果が発揮されないのです。

そのため、調理の際のひと工夫でビタミンMを壊さないようにするのです。

例えば、

葉物野菜・キノコ類

  • ゆでる場合はクタクタにならない程度に。
  • スープだと溶けだしたビタミンMも摂れる。
  • さっと炒めてパスタに。

意外と簡単に出来ると思います。

納豆や果物はそのまま食べれば良いので楽ですよね。

スポンサードリンク

それでも毎日はできない

忙しくて毎日はなかなかできない、作るのが面倒だ。

そういう方にお勧めするのがサプリメントです。

サプリメントには1日に必要なビタミンMが含まれていますし、

何より簡単です。

また、ビタミンMがより効果的に働いてくれるビタミンb12を含むものもあるので食事で摂取するよりも効果がでやすいです。

サプリメントの注意点ですが、

必ず用法・用量を守って飲むようにしてください。

過剰症や副作用の原因となります。

あまり身近ではなかったビタミンM、実は凄い栄養素だったのですね。

認知症、心筋梗塞の予防に役立つビタミンM、これを機会に始めてみてはいかがでしょうか。

※持病のある方、現在薬を飲まれている方は飲み合わせを必ず確認してください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする