北海道帯広の豚丼がケンミンショーで紹介!お取り寄せで自宅で豚丼!

北海道の帯広のご当地グルメ!豚丼が「秘密のケンミンSHOW!」で紹介されます!!

この豚丼、皆さんがイメージする豚丼とはだいぶ違う物なんじゃないかと思いますよ!

今回は帯広の豚丼の魅力だけでなく、家で食べられる帯広の豚丼も紹介しますね。

北海道帯広の豚丼

皆さん豚丼と言われてどんなものをイメージしますか?

普通、豚丼と言うと、

http://www.sukiya.jp

これですよね。

豚の細切れ肉に、玉ねぎ、お店や家庭によってはシイタケなんかが入っているのが「豚丼」ですよね。

醤油、酒、みりん、出汁で煮るのが常識。

しかし、北海道帯広の豚丼は全く違います!

それがこちら!

【人気店の味】 帯広名物 ぶた八の豚丼の具(4食) 【グルメ】

豚のロースの厚めのスライスがドーーーンとご飯に乗っているのです!!

甘辛いタレに漬けた豚ロース肉を焼いて、豪快にご飯に乗せる豚丼は「肉を食べてる!」と言う感じが他の豚丼よりも強く感じます!

また、汁気はないのですが、甘辛タレでご飯がすすむ、すすむ!!

ただ、玉ねぎやシイタケなど野菜が入っていないのが少し寂しい気もしました。

お肉は、脂身が少ないのが特徴であっさりしているので、こってりした甘辛タレの旨味がよく馴染み

嫌な脂っぽさがないのに、食べ応えがあり満足感があります!

スポンサードリンク

取り寄せ豚丼のおすすめの食べ方

私の知っているお取り寄せの豚丼は全て、冷凍してあるお肉を解凍して、フライパンで焼いてご飯に乗せるタイプです。

非常に簡単ですし、子供も喜ぶので冷凍庫にストックしてあります。

しかし、フライパンで焼くだけよりも!ただ白米に乗せるだけよりも!

もっと美味しい食べ方があるので、是非とも実践してみて欲しいと思います。

基本調理

解凍したお肉をフライパンで1分程度焼きます。このとき、表面に少し焦げ目が付くように焼きましょう。

アツアツのご飯をお茶碗によそいます、そのご飯に掛けタレを掛けます!!

そして焼きあがったお肉を上に盛り付けて完成!

記事:熊本いきなり団子の通販・お取り寄せ!

紹介が遅れてしまいました!

掛けタレ!!

お肉が漬けてある漬けタレとは別に、何時間もじっくり煮込んだ掛けタレをご飯に掛ける!

2つのタレの味が違うので、味がしつこくならないんです!!

食べる方は焼くだけで楽ですが、作ってくれているお店は結構手間がかかっているんですね。

さて、ようやく、おすすめの食べ方を紹介します!

手間はかけません!

ご飯にキャベツの千切りを乗せて、その上から掛けタレを掛け、お肉を乗せるだけです!!

それだけ?と思うのも無理はありませんが、、、

それだけです!!

正直、付属の掛けタレ、結構味が濃いめでご飯だけだと余ってしまうんですよね。

しかし、この掛けタレ!キャベツとの相性抜群なんです!!

掛けタレを無駄にせず、野菜も摂れるんですからやらない手はありませんよ。

それに、キャベツの食感が良いアクセントになって最後まで飽きません!!

そのままでも美味しいですが、私はキャベツがあった方が好きです。

私はその時の気分で温泉卵を上に乗せたりもしています。

ちなみに、最近ハマっている食べ方は、

お肉の上に白髪ねぎをたくさん乗せて食べる!!

白髪ねぎの辛味がお肉とタレに合うんです!!これもオススメなので是非試してみてくださいね!

【人気店の味】 帯広名物 ぶた八の豚丼の具(4食) 【グルメ】

豪快にお肉とお米を食べたい時、休日のお昼に、忙しくてご飯を作る時間がない時に、

冷凍庫にいてくれると非常に助かります。

北海道帯広の豚丼、、、

久しぶりに北海道旅行でも行きたいな、、、

こちらの記事もオススメ:北海道の人気店「一幻」のえびそばお取り寄せ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする