小室哲哉が引退発表でC型肝炎を告白。

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、

19日に都内で開かれた引退会見にて、

自身がC型肝炎に罹患していることを明らかにしました。

 

小室哲哉さんは、C型肝炎に罹ってからも

芸能・音楽活動を続けていましたが、

体力面の限界と、先日の不倫報道から引退を決意したようです。

 

記事:ホリエモンが週刊文春を痛烈批判!!

小室哲哉、C型肝炎

小室哲哉さんが罹ったC型肝炎とは、

C型肝炎ウイルスに感染したことが原因で

発症する肝炎の一種です。

 

主な症状としては、

  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 嘔吐

といったものが初期に現れます。

基本的に肝臓が悪くなるとだるさが常にあり、

日常生活に支障が出ます。

 

また、C型肝炎は半分以上が慢性化し、

その半数が肝硬変に、

肝硬変になると肝臓がんになる確率が非常に高くなります。

 

肝硬変になると脂質の多い食べ物やアルコールを

摂取するだけで吐いてしまうなど、

辛い闘病生活が待っています。

 

スポンサードリンク

小室哲哉、引退

 

この状態で仕事を続けていたのですから、

精神的にも相当疲弊していたことと思います。

 

KEIKOさんの介護もあり、これ以上の芸能・音楽活動は

不可能と判断されたようです。

 

小室哲哉さんは、心身共に支えが必要な状態、

今後、KEIKOさんとの関係はどうなるのか。

コメント