三浦大知、変声期にダンスに没頭。声変わりの間の休養期間

トレンド

http://avex.jp/daichi/profile/

歌手でダンサーの三浦大知さんのベストアルバムが、

2018年3月7日に発売されます!

 

昨年頃から一気に知名度が高まり、

年末の紅白歌合戦に見事出場して

圧巻のパフォーマンスを披露してくれました。

 

曲や存在は何となく知っていても、

あんなに凄い人なのになんで今まで知らなかったんだろう。

売れるまでに時間がかかった苦労人なのかな?

三浦大知さんの現在に至るまでを知らない人が多いですよね。

 

 

そこで今回は奇才、三浦大知さんが

ブレイクを果たすまでを紹介したいと思います。

 

 

三浦大知、変声期に声を守る

http://avex.jp/daichi/profile/

三浦大知さんは9歳の時に「Folder」という

ダンスアイドルグループのリードヴォーカルとして

歌手デビューを果たします

 

高音を武器に子供とは思えない歌声を披露し、

MISAさんや宇多丸さんから高い評価を得ます。

 

 

記事:Superfly休養から復帰!喉の病気や歌い方の変化。

 

歌唱力を評価され活躍を期待されていましたが、

デビューから3年後、

変声期に差し掛かり今まで通りに声を出すのが難しくなります。

 

この頃はつい10日前まで出ていたキーが出なくなったり、

今までと声が変わっていく違和感からストレスを感じていたようです。

 

自分の声は毎日聞くため

普通の人なら日々の変化に気付かないかもしれませんが、

子供のころから歌手活動しているだけあって

自分の声変わりが分かるんですね。

 

 

これからの活躍が期待される中、

今無理やり声を出すと、

喉を酷使してしまい喉がつぶれてしまう可能性もある

と判断し休養を余儀なくされます。

 

その1年後に「Folder」は「Folder5」に名前を変え、

女性グループに生まれ変わります。

 

スポンサードリンク

三浦大知の休養期間の心境

http://avex.jp/daichi/profile/

三浦大知さんは休養することになり、

次にアーティストとして活動を開始したのが2005年。

なんと、5年間も活動を休止していたのです!

 

その間、思いっきり歌いたいと思っても

喉を痛めてはいけないという意識が働き、

悔しい気持ちがこみ上げてくることもあった三浦大知さん。

 

しかし、絶望はしていなかったようです。

 

 

なぜなら、歌をやめるという選択肢がなく

今はただの休養期間だからいつかまた歌うんだ。

と思っていたからです。

 

悔しくて、もどかしいと思っても

大好きな歌をまた歌うためのお休みと考えていたため

引きずることはなかったのですね。

 

記事:三浦大知は結婚して子供がいた!満島ひかりとの仲は?

三浦大知、休養期間はダンスに没頭

http://avex.jp/daichi/profile/

もともと、テレビの動きに合わせて踊っているのを

母親に見つかりダンススクールに入れられたことから

始まった三浦大知さんの音楽人生

 

すべての始まりはダンスでした。

 

音楽が流れると体が反応してしまう三浦大知さんは

とにかく音楽が大好きでした。

 

そのため休養期間はとにかくダンス!!

踊っていない時が無いほど常に練習していたそうです。

 

電車で座りながら指先で動きを練習したり、

気が付いたら体が動いていて、

まるで貧乏ゆすりのような感覚で

ダンスが体に染みついていったようです。

 

歌えないもどかしさをダンスで誤魔化していたのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

まとめ

こうして休養中にダンスに没頭し、

ついに歌を解禁した三浦大知さんは大暴れ!!

 

今までのうっぷんを晴らすかのような

大車輪の活躍で日本中を驚かせています。

 

常にダンスをしている三浦大知さんだからこそ、

あそこまで踊りながらクオリティーを落とさずに

歌えるのでしょうね。

 

三浦大知さんのアーティスト活動はまだ始まったばかり、

今後もっともっと凄い物を見せてくれることでしょう!!

コメント