UZI逮捕で般若ディス、Zeebraに対しても。フリースタイルダンジョン

http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/cast/

最近のラップブームが与える世間への影響は

非常に大きく、

特に即興ラップでのバトルは社会現象となっている。

そんな中、

今まであまり表に出ることの少なかった、

ヒップホップ文化を世に浸透させた1つの大きな

要因として「フリースタイルダンジョン」が挙げられる。

ラップバトルをテレビ放送すると言う

新たな試みに大成功し、

芸能人やスポーツ選手の中にも番組のファンがいるほどだ。

番組をきっかけに、

ラッパーをバラエティ番組などでみることも多くなり、

かつてのアブナイ不良イメージが薄れ、

より身近に感じられるようになってきた。

しかし、この番組のMCを務めるラッパーのUZIが、

大麻所持の疑いで逮捕されてしまった。

ラップバトルでは度々大麻を指す言葉や、

表現が出てくることが多いが、

これが許されるのはあくまで「やっていない」

ということが大前提としてあるためだ。

ラッパーのイメージとして大麻などの

表現を用いる人は少なくないが、

やっていないからこそエンターテイメントとして成り立つ。

実際にやってしまっては犯罪でしかないのだから。

ラップやヒップホップを広めようと、

精力的に働いていたはずのUZIが思わぬ形で

足を引っ張ってしまったことは非常に頭が痛い問題だ。

今回の事件を受けて、

フリースタイルダンジョンでラスボスを務める、

ラッパーの般若は自身のブログでラップに乗せて

こう言っている。

オイ、UZIまじでダセェな

年上だけど お前しゃべえな

何で昔からだらしがねえんだ

何でいま言わなきゃいけねぇんだ

薬物、勝手にやれよ

やんならハナから番組やめろ

気まずいヤツはテレビに出んな

周りの人に迷惑かけんな

般若オフィシャルブログ

スポンサードリンク

さらには番組のオーガナイザーのZeebraに対しても、

http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/cast/

許せねえんだよ オメェもZeebraも

カッコばっかで中身がねぇんだ

誰かが逮捕、誰かが逮捕

また一からやり直すのかジェンガ

別にディスりたくねぇけどZeebra

こないだ話したな俺と電話

あんたが俺を選んだ

だからあんたについてくけどやっぱ変だ

般若オフィシャルブログ

そしてUZIを擁護する発言をするラッパーに対しても

半端に擁護するなと発言しています。

先頭に立って引っ張る人間が何をやっているんだ。

と言うUZIへの思い、

悪いことは悪いとハッキリした態度を取ろう。

と言う他のラッパーへの考え。

般若としては今回の事件はショックが大きく、

だからこそブログで発言したのだろう。

また、UZIに対してこうも言っている。

あんたが昔この業界で一時

あんま出なくなった時

這い上がってく姿を俺は見て

ぶっちゃけ胸がマジ熱くなった

そりゃあ俺だって下手も打った

血も汗も涙も泥もすすった

狂ったように曲を作った

この音楽が俺を救った

般若オフィシャルブログ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする