ウタマロ石鹸の使い方!漂白剤でなく蛍光増白剤で危険?泥や血液も落ちる成分!

生活

やんちゃな子供の泥汚れ

生理で血液シミ

その他、生活汚れや黄ばみ

 

洗濯機では落ちない汚れ

ビックリするほど落ちる

ウタマロ石鹸が大活躍しています。

 

ウタマロ石鹸の正しい使い方は?

直接衣類につけてもいい?

 

ウタマロ石鹸の秘密の成分

漂白剤ではなく

蛍光増白剤だった。

 

スポンサードリンク

ウタマロ石鹸の使い方!泥や血液も落ちる

昔から変わらない見た目の

ウタマロ石鹸

 

一度は見たことがあっても

意外と使ったことがない

人も多いかと思います。

 

 

私は最近初めて使った

ウタマロ石鹸初心者なのですが

使い方が大胆だったので

 

分からない人のために

紹介しておきますね。

 

 

泥汚れ血液がついた

衣服ってなかなか

完全にきれいには

なりませんよね。

 

シミになったり黄ばみ

残って何度洗っても

落ち切らないんです。

 

 

そんな時にはこれ!

 

ジャジャーーン!!

 

 

ウタマロ石鹸~♪
(ド○えもん)

 

このウタマロ石鹸を使うと

洗濯機でいくら洗っても

落ちなかった汚れが

スッキリ落ちるです!!

 

ウタマロ石鹸使い方

とっても簡単

 

まずは汚れを落としたい

衣類をぬるま湯で濡らします。

 

 

そして、汚れが気になる所を

コシコシ、コシコシ

と擦っていきます。

 

 

ウタマロ石鹸

直接汚れている部分を

擦るんですよ!

 

強くこする必要はないので

軽くコシコシと

擦ってくださいね。

 

使い方コツとしては

ある程度ウタマロ石鹸

擦っていると

 

ウタマロ石鹸がこすれて

衣服につくので

 

ウタマロ石鹸がついている

衣服を擦り合わせて

汚れを落としていきます。

 

これで頑固な泥汚れ黄ばみ

生理の血液落ちるんですよ!

 

まあ、完全に真っ白に

するには難しいですが

洗濯機とは比べ物にならないくらい

白くなります!!

 

延々とウタマロ石鹸

擦り続けても石鹸が減るだけなので

使い方に注意ですよ♪

 

スポンサードリンク

ウタマロ石鹸の成分に漂白剤でなく蛍光増白剤で危険?

ウタマロ石鹸の使い方を

見ていただきましたが

超便利なウタマロ石鹸

他の石鹸と何が違うのでしょうか?

 

衣類を白くするということは

やはり漂白剤を使用しているに

違いないと思いましたが

 

実はウタマロ石鹸の秘密は

漂白剤ではありませんでした!

 

漂白剤じゃないの!?

 

 

じゃあ一体…

 

どんな成分が入っているのか…

 

調べたところ秘密の成分が

明らかになりました!!

 

 

それが「蛍光増白剤

 

ん???

 

 

どちら様でしょうか?

 

 

衣類の中に入り込んで汚れを

きれいに落とす漂白剤と違って

 

蛍光増白剤というのは

衣類にくっついて

青い光を放つ効果があります。

 

青い光が人間の目には

衣類が白くなったように見えるので

汚れが落ちた

と錯覚しているのです。

 

え…汚れが落ちているわけじゃ

なかったんですね。

 

つまり蛍光増白剤は染料で

落ちない汚れをごまかして

いるだけ!!

 

 

さらに、ウタマロ石鹸

含まれる蛍光増白剤

子供皮膚炎アレルギー

原因になるとか…

 

経済産業省が

乳幼児用製品下着には

蛍光増白剤の使用は控えるように

と言っています。

 

そんなに危険なの?

 

 

そんな危険があるなら

ウタマロ石鹸なんか使わない!

 

と思いましたが、

冷静に考えると靴下とかの

泥汚れにはいいですよね。

 

ただ、生理の血液

汚れてしまった下着には

使用しない方がいいでしょう。

 

要するに、蛍光増白剤

含むウタマロ石鹸

しっかり使い分けをしましょう!

 

ってことです。

 

何でもかんでもとにかく

ウタマロ石鹸ではなく

デリケートな肌に触れる場合は

使用を避けるのがいいです。

 

スポンサードリンク

ウタマロ石鹸の使い方!蛍光増白剤の危険性まとめ

昔から愛されている

ウタマロ石鹸黄ばみ

シミが目立たなくなる

とっても便利な石鹸です!

 

その秘密は漂白剤ではなく

蛍光増白剤という成分でした。

 

ただ、この蛍光増白剤は

デリケートな皮膚には

使用しないようが良いようなので

 

使い方をしっかり守って

用途に応じて使用することを

オススメします!

 

危険というほどでは

ありませんが乳幼児用品

下着には使わない方が

良さそうですね。

コメント