BTS(防弾少年団)の謝罪文・日本語訳の事務所コメント全文が反省してない?

トレンド

韓国の防弾少年団(BTS)が

原爆のTシャツやナチスを連想させる

帽子を着用したなどの件について

所属事務所が謝罪文を出しました。

 

ただ、このコメントが言い訳っぽく

反省してないという意見もあり

さらなる批判を受けているようです。

 

今回は防弾少年団(BTS)の

事務所BigHitが挙げた謝罪コメントの

全文を日本語訳で紹介します。

 

では、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

BTS(防弾少年団)の謝罪文・日本語訳の事務所コメント全文!

防弾少年団(BTS)

事務所の謝罪コメント全文(日本語訳)

 

最近、防弾少年団に挙げられた出来事に対するビッグヒットエンターテイメント(BTSの所属事務所)の立場

 

こんにちは、ビッグヒットエンターテイメントです。
最近ビッグヒットエンターテイメント(以下:BigHit)の所属アーティストである防弾少年団(BTS)について様々な問題が提起されています。
この出来事に関するBigHitの立場を明らかにしておきます。

 

 

1、最近の出来事に関してBigHitが検討した内容は以下の通りです。

 

・事務所に所属するアーティスト(BTS)が原子爆弾(以下:原爆)のイラストが入った衣装を着用した件。

 

・事務所に所属するアーティストが過去に雑誌の撮影でナチスの模様が入った帽子を着用していた件。

 

・事務所に所属するアーティスト(BTS)が過去に参加した行事で、ナチスマークを連想させる旗を振り回しながら公演した件。

 

 

2、上の件についてBigHitが示す立場は以下の通りです。

 

BigHitは防弾少年団(BTS)をはじめ所属するすべてのアーティストの活動において戦争や原爆を支持せず、これに反対し、原爆投下で被害に遭われた方々に苦痛を与えるような意図はなく、今後もそのようなことは無いと明確に申し上げます。

 

 

3、BigHitは今回の出来事に対して以下のように謝罪いたします。

 

・BigHitは原爆のイラストが入った衣装の着用について上記の通り、意図はなく衣装そのものが原爆の被爆者の方々を傷付ける目的で製作されたものではないと確認したうえで、弊社が事前に十分な確認が出来ずに所属アーティスト(BTS)が着用したため、被爆者の方々に意図せず不快な思いをさせてしまったのはもちろん、所属アーティスト(BTS)が原爆を連想させる姿で不快に感じさせてしまった事を心よりお詫び申し上げます。

 

・BigHitは雑誌の撮影で過去のナチスの模様が入った帽子を着用したことに対して、上記で明らかにしたように一切の意図はなく、その日の撮影に関わる全ての衣装や小物は雑誌メディアから提供された物あるにも関わらず、事務所が事前に十分な確認ができず、所属アーティスト(BTS)が着用することになり、過去、ナチスによって被害に遭われた方々を意図せず傷つけ得ることになってしまった事はもちろん、ナチスを連想させる所属アーティスト(BTS)の姿によって不快な思いを感じ得た件について心よりお詫び申し上げます。

 

・しかし、上記の出来事に対する責任はアーティスト(BTS)の所属事務所として細部にわたる支援ができなかったBigHitにあり、当社所属のアーティスト(BTS)は、数々の日程と現場の状況等を考慮するに、上記の出来事の責任において関連がない点を明らかにいたします。

 

スポンサードリンク

 

 

4、BigHitは問題が挙げられている公演のパフォーマンスに関して以下のように説明させていただきます。

 

・問題提起された公演は2017年、BigHitのアーティストが参加した韓国の伝説的なアーティスト、ソ・テジの記念公演であり、画一的な教育の現状を批判する社会的メッセージを込めた“教室イデア”のパフォーマンスシーンを含んでおります。

 

・問題提起された旗およびイメージは、ナチスと関連のない創作アートワークであり、“画一的な全体主義的教育システムを批判”するためのパフォーマンスでした。

 

 

・このパフォーマンスが一部で問題提起されたように、ナチスとの関連性があるというのは全く事実ではなく、むしろ、このような全体主義的な現実を批判するための創作的な要素を含んでいるという点が考慮されなければなりません

 

 

5、BigHitはこの度挙げられた問題の改善に最善の努力を尽くすつもりです。

 

・“音楽とアーティストを通して全世界の人々に癒しと感動を届けよう”というのがBigHitの存在理由です。また、多様性と包容の時代を生きていく中で考慮しなければならない要素が増えたことは、私共にとっても挑戦的な課題ですが、これを十分に遂行するために最善の努力を尽くしております。

 

・今後も、この度問題提起された事案だけでなく、さまざまな社会、歴史、文化的な背景に対する理解を基盤に、BigHitおよび所属アーティストが活動する上で、細部にわたって気を配り、私共によって心に傷を負う方がいないように、さらに注意を払います。

 

・改めて、BigHitがこのような点に気を配る上で至らない点があり、心に傷を負われた全ての方に丁重にお詫び申し上げます。

 

 

6、BigHitはこの度、提起された問題を解決するために次のような措置を取っております。

 

・BigHitは、日本と韓国の原爆被害者協会の関係者に接触し、現在、提起されている問題に対する説明および傷つき得た方にお詫びをしております。

 

・BigHitは現事案について問題を提起した団体であるSimon Wiesenthal Centerに状況を説明し、本問題により傷つき得た方に対するお詫びを込めた書簡を発送しました。

 

 

防弾少年団(BTS)

事務所の謝罪コメント全文(日本語訳)

スポンサードリンク

BTS(防弾少年団)や事務所は反省してない?

防弾少年団(BTS)の事務所から

発表された謝罪コメントですが

全文を読んでみてどうでしたか?

 

事務所としての対応をとったとは

思うのですが、最終的には

このような事で批判する世の中が

おかしいというニュアンスのコメントが

見られましたね。

 

ここが「反省してない」と

言われてしまった1番の原因だと

考えられます。

 

せっかくノッテいる防弾少年団

なので事務所としても全面的に

擁護しているのは

謝罪文からも見てとれましたね。

 

これからの動きに益々注目です。

コメント