イモトアヤコの南極大陸!イッテQ登山部のリタイアのスタッフは無事か

https://www.instagram.com/imotodesse/?hl=ja

世界の果てまでイッテQ

イモトアヤコさんがヴィンソン・マシフへの

登頂に挑戦しました。

ヴィンソン・マシフ南極にある山で

イッテQ初南極大陸上陸となりました

実は南極はイモトさんとイッテQスタッフが

夢に見ていた場所で、

今回やっと念願が叶うんですね。

果てしてイモトさんとイッテQ登山部は

無事南極大陸のヴィンソン・マシフを

登り切ることができるのでしょうか!

スポンサードリンク

イモトアヤコの南極大陸挑戦

今回イモトさんが挑む山はヴィンソン・マシフ。

このヴィンソン・マシフは

標高が4892mとそこまで高い山ではありませんが、

気温がマイナス50まで下がったり

凍傷や滑落の危険が多い山です。

ヴィンソン・マシフは南極大陸最高峰の山で、

七大陸最高峰の1つに数えられています。

http://www.cruiselife.co.jp/cruise/detail_archive_402.html

大陸の98%を氷で覆われている南極は

世界で最も気温が低く、

乾燥して風もかなり強いので

体感温度は気温以上に寒く感じるでしょう。

まさに凍てつく寒さ!!

2010年にはなんと過去最低の

マイナス93.2度を記録しています!

もうわけのわからない数字ですよね、

まったく想像がつきません。

人間の体は0度を下回るところに

長時間いると凍傷を起こす危険があると言われています。

南極大陸では装備に気をつけなければ

あっという間に凍傷にかかってしまいます。

さらにヴィンソン・マシフに登るとなれば、

標高が上がりさらに寒くなるため

今回のイモトさんの挑戦はかなり命がけですね。

スポンサードリンク

イモト、南極ヴィンソン・マシフに挑む

イモトさんとイッテQ登山部は今までに

様々な山に挑戦してきました。

  1. キリマンジャロ(標高:5895m)
  2. モンブラン(標高:4810m)
  3. アコンカグア(標高:6960m)途中断念
  4. マッターホルン(標高:4478m)
  5. マナスル(標高:8163m)
  6. キナバル(標高:4095m)
  7. エベレスト(標高:8848m)登頂断念
  8. マッキンリー(標高:6168m)
  9. アイガー(標高:3970m)
  10. ヴィンソン・マシフ(標高:4892m)

今までにイモトさんとイッテQ登山部

ヴィンソン・マシフよりも標高の高い山の登頂に

成功していますが、

今回の南極での厳しさはやはり気候と天候です。

記事:東筑波ユートピアの廃園危機!志村どうぶつ園

ブリザードと呼ばれる風速10m/秒以上の吹雪が

6時間以上続くような厳しい環境の中、

限られた日程で登り切らなくてはいけないのですから。

記事:イモト応援の草刈正雄、南極挑戦の助けとなるか!

強い時には風速が30m/秒にまでなり、

立っていることは当然出来ませんし、

前も全く見えなくなってしまいます。

ちなみに風速30m/秒は、車が横転するレベル!

風が強いと危険なのでテントでの待機を余儀なくされますが、

車が横転するということは

テントはどうなるのか、、、

当然崩壊してしまいますよね。

スポンサードリンク

風を凌ぎ、体を守る装備が壊れてしまっては

登頂は不可能です。

周りには雪と氷しかない場所で、

ライフラインを絶たれる恐怖は計り知れません。

イモトさんは本当に恐ろしいところに行ったんですね。

よく無事に帰ってこれたと思います。

イッテQ登山部が南極でリタイア?

http://www.cruiselife.co.jp/cruise/detail_archive_402.html

そんな過酷極まりない今回の

南極大陸ヴィンソン・マシフの登山。

厳しい環境、荒れ狂うブリザードでのテント崩壊。

想定外のアクシデントにイッテQ登山部の

メンバーが次々とリタイアしていきます。

幸い大事にはいたらず、

凍傷や高山病は無事治療によって治り

帰国後も元気にしているようですね。

記事:マッスルモンスターの場所や料金は?

番組ではイモトさんに注目が集まりますが、

一緒にいるスタッフも大変ですよね。

カメラを回しながら登山しているわけですし、

自分が辛い状況でもタレントのイモトさんの

安全に気を配らなければ

いけませんからイッテQ登山部はすごい!!

イモトさんもメンバー全員で

ヴィンソン・マシフ登頂を果たしたかったでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

イッテQ登山部の憧れの地、

南極大陸に足を踏み入れたイモトアヤコさん。

ヴィンソン・マシフへの挑戦は

かなり過酷なものとなりました。

そして、そんな厳しい環境だからこそ

イモトさんとイッテQ登山部の絆の深さが見てとれました。

自身の命がかかった危険の伴う挑戦ですから

お互いに信頼し合っていないといけませんよね。

南極大陸での挑戦を終え、

次に目指す山はどこなのでしょう!

以前途中で諦めてしまったアコンカグアや

エベレストへの挑戦が期待されますが、

くれぐれも気をつけていってほしいですね。

イモトさん、イッテQ登山部のみなさん、

ヴィンソン・マシフ登山おつかれさまでした!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする