いしだ壱成の貧乏時代!屋久島でサバイバル生活?ボンビーガール

出典

 

幸せ!ボンビーガールのゲストに

俳優のいしだ壱成さんが登場し、

貧乏生活が紹介されました!!

 

 

両親が離婚して父親ががいなかった

いしだ壱成さんは母親の女手一つで育てられました。

 

家計は厳しく母親は生活を支えるために

夜も仕事に出かけ一人きりで晩御飯を食べていました。

 

唯一楽しみだったのが玄米ご飯。

玄米ご飯は当時白米よりも安かったため

家計には少し優しかったのですね。

 

いしだ壱成さんの毎晩の晩御飯が

玄米の上にマヨネーズをかけただけのマヨネーズ丼!

 

スポンサードリンク

 

 

肉を食べたことなんてなく

焼肉も芸能界に入るまで食べたことがありませんでした。

 

 

そんな東京での生活も限界になり

東京だと家賃が高いので

屋久島に引っ越そうということになり

母親と共に屋久島へ!!

 

 

屋久島には母親のお兄さんがいて

お金がかからない家を紹介してくれたのです。

 

お金がかからない家!!

 

その家というのは山奥にあり

獣道を進んでようやくたどり着くような

電気もガスも、さらに水道もない家なんです!

 

記事:徳島からの上京ガールが渋谷で物件探し!!

 

 

水道が通っていないため

毎朝5時に起きて近くの川に水を汲みに行き

これを3往復します。

 

ガスが通っていないためお風呂は薪で火を起こして

五右衛門風呂!!

山へ入ってヤギの乳をしぼる生活。

 

 

さらに!木が生い茂ったジャングル(森)の中に

ポツンと和式便器だけが置いてあるだけの

トイレで用をたしていました。

 

タダより怖いものはありませんね!!

 

 

その当時の食事はいしだ壱成さん

家から30分ほどの距離の海からベラを

釣ってきたものがご馳走でした。

 

ちなみにベラという魚はぬめりがあり

臭い魚なのであまり食用として

流通していませんね。

 

 

そして、山奥での暮らしをしていましたが

叔父さんが屋久島でいい土地見つかったと言って

手作りで家を建ててくれました!

 

集落から歩いて1時間の電気が使える家!!

(ガス、水道なし)

 

スポンサードリンク

 

 

いしだ壱成さんはそこに移住して

新生活を始めますが屋久島は台風が多いところ。

 

いしだ壱成さんの家に台風がきて

手作りの家は全壊。

 

 

そして母親の決断で東京に戻ることになりました。

 

 

この頃からいしだ壱成さん

いつかお金を稼いでお母さんを助けたいと

考えていました。

 

高校に行かずにバイトを始めて

大盛りのまかないで1日の食事を凌ぐ生活。

 

出典

 

 

そんなある日、いしだ壱成さんに人生最大の転機が

訪れます!!

フジテレビでスカウトされ

お金になるならと仕事を受けることになります。

 

そしてスカウト後の初仕事で

いきなりドラマで主演を務めルことに!

 

視聴率が高くCMやドラマに引っ張りだこ!!

すぐに売れっ子になります。

 

 

そんないしだ壱成さんは現在は彼女と一緒に

家賃2万4000円のアパートに住んでいます。

 

スポンサードリンク

 

彼女が1000円以上は高いという

金銭感覚を持っているため

意外と合っているのかもしれませんね。

 

おぼっちゃま育ちのイメージがあった

いしだ壱成さんですが、

苦労していたんですね。

 

彼女とお幸せに!!

コメント