長嶋一茂の態度やサプリメントに批判!パニックでお風呂にキューピーを?

トレンド

http://www.jprime.jp/category/information-article

 

タレントの長嶋一茂さんの態度発言

このところ世間を騒がせていますね。

 

長嶋茂雄さんの息子ということもあって

幼少期からかなり甘やかされて育ったようです。

 

いろんな意味で普通ではない

長嶋一茂さんですが最近ではすっかり

世間から嫌われてしまっていますね。

 

今回はそんな長嶋一茂さんの

異常な健康管理方法

パニック障害お風呂のエピソード

紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

長嶋一茂は態度がデカい!

長嶋一茂さんは野球界の大スターである

父のおかげで何不自由ない幼少期を過ごしました。

 

お年玉は小学生の時で50万円!

 

まずお金に困る事なんてありません。

しかも父茂雄さんは長嶋一茂さんを

一切叱ることがなかったと言うので驚きです。

 

 

どこに行ってもミスターの息子と

丁寧に扱われて、それが当たり前だと

思って育ってしまったのですから当然の結果に。

 

敬語を使う相手を選び

自分で偉いと思った人にしか敬語を使いません。

 

また、常に上から物を言うため

視聴者が不快に思い多くの批判が寄せられています

 

不満を持っているのは視聴者だけでなく

共演者からも態度がデカいと嫌われてしまています。

 

そもそも怒られ慣れていないので

反省の仕方が分からないようです。

番組で注意されても言い訳や口答えをするか

笑ってごまかすか。

 

幼少期からの態度のデカさを

現在でも変わらず引きずっているのですね。

環境がそうさせた部分もあるので

少し同情もしますが

いい大人ですから改善すべきでしたね。

 

スポンサードリンク

 

長嶋一茂はパニック時のお風呂で奇行

長嶋一茂さんはプロ野球選手時代から

パニック障害に悩まされていて

突然のめまいや不安に襲われる事がありました。

 

そんな時に癒してくれたのが

キューピー人形だったそうです。

 

そのキューピー人形は長嶋一茂さんが

子供が小さい頃に一緒に遊んでいたものでした。

 

キューピー人形で一緒遊んでいた事を

思い出しながらキューピーと一緒にお風呂に入るのが

いつしか長嶋一茂さんの日課となり

人形に話しかけることで楽になったそうです。

 

 

また、お風呂に限界まで潜って

苦しくなることで自生きていることを

実感していたそうです

 

症状が出ない今でも苦しくなるまで潜って

自分が今日も生きていると実感しているようです。

 

スポンサードリンク

 

長嶋一茂はサプリメント80種類飲む!

長嶋一茂さんはパニック障害

精神科からの薬を服用していました。

 

ただ、薬を飲んでいるという事実が嫌で

やめたくてしょうがなかったようです。

 

そんな時にサプリメントを始めました。

 

数種類のサプリメントを飲むようになってから

不思議とパニック障害の症状が

出なくなり薬を服用しなくてもよくなったそうです。

 

そこから長嶋一茂さんは

サプリメントに絶対的な信頼を置き、

現在では80種類ものサプリメントを飲む

自称サプラーなのです。

 

ただ、サプリメントだから安全という

考えは非常に危険で、

成分の重複するものを大量に飲む事で

過剰症が起こる可能性もあります。

 

 

記事:長嶋一茂がパニックを治したサプリメント

 

 

そこはサプラーである長嶋一茂さんが

しっかり考えて飲んでいると思いますが、

80種類は依存しているとしか思えません。

 

本人が健康であればそれでいいですが

パニック障害が改善したのは

気持ちの面が強く働いたと考えられますね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

長嶋一茂さんは幼少期から

叱られずに育てられたためかなり

わがままに成長してしまいました。

 

そして野球選手になり今まで経験しなかった

様々なストレスを抱え

パニック障害を発症したようです。

 

ただ、非常識な発言や態度の大きさは

簡単には変わらなかったため

現在では嫌われ者となってしまいました。

 

お風呂でキューピーに励まされ

苦しくなるまで潜ることで

生きていることを実感する長嶋一茂さん。

 

なんだかかわいそうですね。

 

そして自身をサプラーと言うほど

サプリメントを愛していて80種類もの

サプリメントを飲んでいます。

 

世間から嫌われてしまった長嶋一茂さん

一周回って好かれキャラになったりして、、、

コメント