じゃこ天、赤天、黒はんぺん!ケンミンSHOWで紹介のご当地練り物!

寒くなり、おでんが美味しくなるこの季節。おでんの好きな具を語りながら食べるのって楽しいですよね!みなさんの好きな具は何ですか?

大根、卵、はんぺん、ちくわ、、、なんだかお腹が空いてきちゃいました。

今回は、秘密のケンミンSHOWで、「全国激ウマ練り物祭り!」なる練り物の特集を組んでいたので紹介してみたいと思います。

練り物といっても、みなさんの知っている練り物とは少し違うかもしれないですよ。

愛媛県の「じゃこ天」

じゃこ天はホタルじゃこを原料魚とし、頭と内臓を取り除き、皮と骨はそのまま残してすり潰し整形したのち揚げたものです。

この皮と骨を取り除かないというのが特徴のようです。

また、原料魚はホタルじゃこが一般的ですが他の魚が使われることもあり、当然ですが味わいが違います。

食べ方

一度揚げてあるのでそのまま食べても美味しいです。しかしさらに美味しく食べる方法があります。それはフライパンや網を使って炙ると揚げたてのような香ばしさと潮の香りが広がります。

さらに、ここに大根おろしをたくさんのせて醤油をかけスダチを絞ると絶品です!!

じゃこ天は割とコクがあるので、そのまま食べて飽きてきたら大根おろしにスダチ醤油で食べると2度楽しめますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ギフト】じゃこ天【愛媛 宇和島産】
価格:4082円(税込、送料別) (2017/11/29時点)

島根県の「赤天」

魚肉のすり身に赤唐辛子を練り込み、パン粉を表面にまぶして揚げたものです。名前にある通り見た目が赤いので「赤天」という名前がついたのですね。唐辛子が入っているため辛味が効いています。

これまた炙って食べた方が美味しいです!

サクッとした食感に、噛めば噛むほど味が出る、辛味が後から追ってくる。お酒のお供に良いですね。

食べ方

炙って食べる王道の食べ方もありますが、さらに美味しい食べ方を紹介します。

赤天にマヨネーズ!

イカ焼きを唐辛子マヨネーズで食べる感覚に似ています。これはイカとはまた違った美味しさがありますが、これが美味しいんです。ぜひ試して欲しいです。

赤天にチーズ!

赤天の上にチーズをのせ、オーブンやトースターで焼くと魚の旨味と辛味、そこにチーズのまろやかさが合間って箸とお酒がすすみます。

静岡県の「黒はんぺん」

鯵、鯖、鰯などの青物が原料魚。これのすり身に塩や砂糖、デンプンを練り合わせ、アルファベットの「D」型に整形したものを茹で上げたものが黒はんぺんです。

静岡県では、はんぺんと言えばこの黒はんぺんをさし、一般的な白いはんぺんは「白はんぺん」と呼んでいるそうです。

普通のはんぺんのようなふわふわとした食感ではなく、はんぺんという名前が付きながら、かまぼこや薩摩揚げのようなしっかりとした食感です。

原料魚に鯵、鯖、鰯など、味の良い魚が使用されているので旨味が違います!!

食べ方

  • そのまま醤油や柚子胡椒につけたり、わさび醤油で食べる
  • フライパンで焼いたり、バター焼きにする
  • おでんの具
  • 醤油とみりんで甘辛く煮付ける
  • フライにする

などなど、色んな食べ方が出来ます。マヨネーズをつけたり、チーズを挟んでフライにしても美味しいです。鯵の黒はんぺんなら鯵フライですね!美味しいに決まってます!!

元々の味が良いので、イチオシの練り物です!!

まとめ

いかがでしたか?普段食べている物とは違った、他地方の練り物。

じゃこ天に大根おろしを乗せ、スダチ醤油。

赤天にマヨネーズ。

黒はんぺんのフライ。

どれも絶品ですのでぜひお試しください。そして、これからの季節、おでんの具になりそうな練り物は、じゃこ天と黒はんぺんですね。この2種類が入ったおでんを食べて見たいものです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする