櫻井翔の朝活!嵐にしやがれの櫻井号で温泉にキャンピングカー移動!

人気番組「嵐にしやがれ」での新企画

櫻井翔朝活がスタートしました!!

櫻井翔さんは夜型人間で朝方にシフトしたい

以前から言っていましたよね。

今回は「嵐にしやがれ」櫻井翔さんのために

朝方人間になってもらおうと櫻井翔朝活という

企画が始まりこれがかなり期待値が大きいです!!

夜型人間必見の櫻井翔朝活

嵐にしやがれの新・人気企画を紹介しましょう!!

スポンサードリンク

櫻井翔の朝活!「嵐にしやがれ」

出典

人気番組「嵐にしやがれ」の新企画

櫻井翔朝活は櫻井翔さんが夜型人間で

朝方人間になりたいという思いを汲んでスタートしました

櫻井翔さんは23時から24時までのNEWS ZERO

キャスターとして生出演していて

仕事が終わるのがかなり遅くなってしまいます

そのため自分の時間といえば

仕事終わりの深夜の時間になってしまうんです。

櫻井翔さんは以前、夜型を卒業したいと話していました。

どうしても仕事のギリギリまで寝てしまい

朝の時間を有効に使うことができていない櫻井翔さん。

理想は、2時間くらい早く起きて

本を読むなど現在はあまりできていないことに

時間を使いたいと語っています。

仕事が終わる時間が遅いので夜型になってしまうのは

仕方のないことだとは思うのですが

そんな櫻井翔さんに「嵐にしやがれ」

助け舟を出してくれます!!

朝方になりたい櫻井翔さんのために

櫻井翔朝活という企画を組み

朝の時間を有意義に使ってもらおうと

番組が櫻井翔さんの朝活を全力で(無理やり)

サポートします!!

櫻井翔朝活」が一体どんな企画なのか

その内容を解説していきましょう!

スポンサードリンク

櫻井号キャンピングカー)で温泉に!

では櫻井翔朝活の内容について説明していきましょう!

NEWS ZWRO終わりの櫻井翔さんを待ち構えているのは

櫻井号というキャンピングカー!!

櫻井翔さんの朝活をサポートしてくれる問題の

櫻井号というのがこちら!!

思いっきり「櫻井号」って書いちゃってます!!

これには櫻井翔さんも思わず

ダサっ!!

と言ってしまう始末。

櫻井号、こんなに目立っていいのか、、、

朝活に向かう櫻井号を見かけたらテンション上がりますね!

櫻井号に乗せられた櫻井さんには朝活のために

キャンピングカーの中で

寝てもらってそのまま朝活の会場(ロケ地)へと

連れて行かれます

なんだか「水曜どうでしょう」の『大泉拉致』に

少し似ていますね。

でも、これが人気企画になる理由だと思います。

ワクワクしながらも櫻井号で睡眠をとった

櫻井翔さんが朝活に連れてこられた場所は

朝活スポット!!

朝活スポットというのは朝活

良い時間を過ごすことのできる朝方人間だけの

贅沢な場所です

例えばどのような場所かというと温泉なんかがそうです。

櫻井翔さんは温泉が大好き

櫻井翔の朝活」の初回では櫻井翔さんが

「富士山を拝みたい」と言うので富士山の見える

温泉朝活スポットとして選ばれました

明け方に露天風呂から富士山を眺めるなんて

とっても贅沢ですよね。

まさに朝活って感じ!!

それにしても、仕事終わりに車に揺られて

朝早く起きるなんて疲れないですかね?

これで櫻井翔さんが健康的に朝方になればいいですが

疲労が蓄積する企画にならないか心配です。

なんにせよ、これからが楽しみな企画です!!

夜行性の櫻井翔さんを朝方人間に変身させるための

嵐にしやがれの新企画櫻井翔朝活

今後どんな場所へ櫻井翔さんを連れていくのでしょうね。

(どんどん追記していく予定です)

スポンサードリンク

櫻井翔朝活まとめ

櫻井翔さんは仕事が終わるのが深夜で

夜型人間になっています。

櫻井翔さん本人もこのことに悩んでいて

どうにか朝方にシフトしたいと考えていました。

ただ、自分ではどうしても夜中に行動して

朝はギリギリまで寝てしまい

生活リズムを変えられずにいました。

記事:櫻井翔の朝活の初回ロケ地は富士山が見える露天風呂!

そこで立ち上がったのが嵐の人気番組である

「嵐にしやがれ」です!!

「嵐にしやがれ」では櫻井翔さんを朝方人間にするために

新企画櫻井翔朝活がスタートしました。

毎回櫻井翔さんを朝活に最適な場所である

朝活スポットへ連れていき朝活を楽しんでもらうこの企画。

ロケ地へはキャンピングカー櫻井号

櫻井翔さんが寝ている間に移動するというもので

なんとなく「水曜どうでしょう」に似ていますね。

ワクワク感のある「櫻井翔の朝活」。

櫻井翔さんが朝活をする姿を見て

朝活を始める人が増えそうですね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする