千住真理子の実家は金持ち!演奏が下手?デュランティとせっかちな性格

https://marikosenju.com

ヴァイオリニスト千住真理子さん

人生が変わる1分間の深イイ話に登場です。

せっかちな性格

ローマ法王が所有していたヴァイオリン

ストラディバリウスデュランティとの

生活について紹介されます。

お金持ちの実家や、

演奏が下手という噂についても

調べて見ましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

千住真理子のデュランティ(ヴァイオリン)

千住真理子さんが使用しているヴァイオリンは

世界最高峰のヴァイオリンである

ストラディバリウスというもの。

一度は耳にしたことがあると思います。

音楽を知らない人でも知っているストラディバリウスは

確認されているだけで数百本ありますが、

その中で傑作と呼ばれるのはわずか十本程度

その最高傑作を所有するのが千住真理子さんなのです

デュランティと名のついたそのヴァイオリンは、

もともとローマ法王のもので、

その後フランスの貴族、そしてスイスの富豪を経て

千住真理子さんの手に渡りました。

デュランティの所有者候補にリストアップされ、

見事に手に入れた千住真理子さん、

すごいですね。

千住真理子の実家は金持ち

https://marikosenju.com

数億円というデュランティをもつ

千住真理子さんは

2歳の頃からヴァイオリンを習い、

12歳にはプロデビューを果たしています。

幼少期からヴァイオリンを習っている人は

実家がお金持ちと相場が決まっていますよね。

千住真理子さんの父親は生前

慶應大学の名誉教授で、

投資採算性の評価における権威ある書物、

「経済性工学の基礎」「経済性工学の応用」の

著者だそうです。

現在の経済学の基礎を残した偉人ということですね。

スポンサードリンク

母親はエッセイストの千住文子さんで、

2人の兄は画家に作曲家と

文化人だらけ!!

裕福じゃないとこうはなりませんよね。

何と言っても母親、文子さんの実家が超お金持ちで、

旧姓は角倉(すみのくら)。

角倉了以という経済成長時に巨万の富を得た大商人の

子孫にあたり、お金には一切困らなかったようです

羨ましい!!

千住真理子のせっかちな性格

https://marikosenju.com

千住真理子さんはとてもせっかちな性格で、

コンサートの会場に入る時、出る時には

必ず走っているようです。

また、演奏が終わってすぐにサインをする席に座り、

サインを終えた途端に荷物を持ち

帰ろうとするのです。

余韻を味あわせてください、、、

これは、自分の中で組んでいるスケジュールを

狂わされたくない、

時間を無駄にしたくないという考えから

出てしまう行動なのだと思います。

ちなみに、一日中走り回るのは千住家の

全員の特徴のようです。

スポンサードリンク

千住真理子は演奏が下手?

ネット上に千住真理子さんは演奏が下手だという

記事やコメントが見つかりました

ストラディバリウスの最高傑作、デュランティを

所有する千住真理子さんの演奏が下手なわけがありませんが、

なぜそのように言われるのか調べて見ました。

すると、千住真理子さん

20歳の時に一度音楽から離れている時期があったそうです。

幼い頃から天才少女と呼ばれ、

その重圧から音のない世界に閉じこもったのです。

記事:イモトが南極大陸の山に挑戦!無事登頂できるか!

しかし、ガンで闘病中のファンから

また演奏を聴きたいと言われ、

2年のブランクがありながらもその人のために演奏します。

その時、天才じゃなくていいから

聞いてくれる人のために弾こうと決意し復帰!

しかし、感覚がなかなか戻らず、

長いトンネルの中をさまよう日々が続きました。

ある日のコンサートで、いきなり今までの闇が消え

自らの演奏を取り戻してからは、

素晴らしい演奏を披露しています。

記事:江口のりこの貧乏下積み時代!実家や親友は?

このブランク明けの低迷時を知っている人が

千住真理子さんの演奏が下手だと言っているのです。

現在の演奏をしっかりと聴いて見て欲しいです。

スポンサードリンク

まとめ

ヴァイオリニストの千住真理子さんは

実家が超お金持ちで、

世界最高傑作のストラディバリウスである

デュランティを所有しています。

演奏が下手というのは、

スランプ時の演奏のことを言っているのかもしれません。

下手ならデュランティの所有者候補に名

前が挙がるわけがありませんからね。

せっかちな性格でいつも走り回っている千住真理子さん、

大切なデュランティとこれからも

走り続けて欲しいと思います!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする