ビタミンM(葉酸)の副作用!併用・飲み合わせに注意!ガッテン!

トレンド

1月17日放送の「ガッテン!」は認知症、心筋梗塞予防についての特集です。

今回注目されたのはビタミンM、別名を葉酸と言う栄養素です。

普段あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、人間が生きていくうえで

必要不可欠な栄養素なのです。

 

ビタミンM(葉酸)は新しい細胞を作る手助けする栄養素で、

体内で不足すると貧血や抵抗力の低下を引き起こします。

 

 

ビタミンMには認知症心筋梗塞動脈硬化など、様々な病気を

予防する働きがあり、最近ますます注目を集めてきています。

ガンを予防するとまで言われているから驚きです。

 

さっそく始めてみようという方も多いかと思いますが、

その前に、ビタミンMの副作用や他の薬との飲み合わせについて

知っておく必要がありますので、

実践前にこの記事読んで、しっかりと理解して健康に役立ててください。

 

現在持病のある方、お薬を服用されている方は始める前に必ず読んでください。

記事:ビタミンMで認知症・心筋梗塞を予防!サプリメントや食事のコツ

ビタミンM(葉酸)の副作用

ビタミンMは水に溶けやすく、少しくらい多く摂取しても

おしっこと一緒に体の外に出てしまいます。

そのため過剰症は現れにくいですが、副作用が現れることがあります。

 

副作用

  • 紅斑(体に赤い斑ができる)
  • かゆみが出る
  • だるくなる
  • 浮腫ができる
  • 食欲が落ちる

ビタミンMを積極的に摂っていてこれらの症状が出たら

すぐに止めて医師又は薬剤師に相談してください。

 

ビタミンM(葉酸)が向かない人

次に当てはまる方はビタミンMを積極的に摂ることを

おすすめ出来ません。

 

  • ガン患者
  • 悪性貧血の疑われる方

ビタミンMはがん予防に効果があると言われていますが、

すでにガンに罹っている場合は、ガンの成長を促進してしまう恐れがあるため

ガン患者さんには不向きです。(抗がん剤の治療で葉酸を補う場合を除く)

 

また、悪性貧血の疑われる方の場合は、

ビタミンMが悪性貧血の検査を妨害してしまうため

検査の時は必ず病院の人にビタミンM(葉酸)を飲んでいることを伝えてください。

 

記事:ビタミンMで認知症・心筋梗塞を予防!サプリメントや食事のコツ

 

スポンサードリンク

一緒に飲んではいけない薬

基本的に、ビタミンM(葉酸)と一緒に服用する事で、

効果を発揮できなくなる薬はありません。

 

しかし、逆の場合はあります。

つまり、薬によってビタミンMが吸収されなかったり

効果が出にくくなってしまうことがあるのです。

  • ピル
  • アスピリン
  • 制酸剤
  • 抗てんかん薬
  • クロラムフェニコール
  • バルビツール系薬
  • コレスチラミン

これらの薬を服用している場合はビタミンMの効果が

服用していない方に比べて出にくいです。

 

 

また、以下の薬を服用している場合はビタミンMが不足しやすいため

補ってあげた方が良い場合もあります。

 

  • メトトレキサート
  • スルファサラジン
  • 免疫抑制剤
  • 抗がん剤
  • トリメトプリム-スルファメトキサゾール(ST合剤)

これらの薬はビタミンMの欠乏を起こしやすいため、

内服薬やサプリメントで補ってあげることもあります。

 

 

いかがでしたでしょうか、

ビタミンMの副作用や一緒に飲むと効果が出にくい薬を知っておくことで

安心してビタミンMの摂取を開始できますね。

 

どんな物にも良い面、気を付けた方がよい点があります。

ビタミンMは健康のために必要な栄養素です。

ビタミンMの良い部分をもらって、いらない部分を受け取らないように

用法・用量を守って服用してください。

 

 

※持病のある方、現在薬を飲まれている方は飲み合わせを必ず確認してください。

コメント