黒柳徹子、引退はマッチが決める!近藤真彦との深い関係

トレンド

 

ジャニーズ事務所の取締役であるマッチこと、近藤真彦さんが芸能界の超大御所との意外な関係を「メレンゲの気持ち」で語っていました。

 

SMAP解散騒動でも近藤さんの言動には注目が集まり、些細な一言にすら様々な憶測が飛び交っていましたね。

 

 

芸能界で大きな力を持っているジャニーズ事務所の取締役ということで、近藤さんが芸能界で持つ力も相当なものでしょう。

 

「ジャニーズ事務所の後継者になる?」なんて噂もされている大物マッチとある大御所との関係を紹介してみようと思います。

 

 

 

黒柳徹子と仲良し

https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/?hl=ja

 

近藤真彦さんと黒柳徹子さんの仲の良さは広く知られていますね。

黒柳さんは必ず「〜さん」付けをするようですが、近藤さんだけは「マッチ」と呼んでいます。

それだけ仲が良いんですね。

 

 

仲の良いエピソードにこんな話があります。

 

あまり歩く機会がなかった黒柳さんを心配した近藤さんは、

自分の誕生日までに毎日歩いたら「すごく良い物をプレゼントする」と提案しました。

 

黒柳さんはそれから出来るだけ毎日30分程度歩いたそうです。

 

そして近藤さんの誕生日に頑張って毎日歩いたことを伝えると近藤さんは後日、黒柳さんにヴァイオリンの形をしたバッグをプレゼントしたそうです。

 

このバッグは黒柳さんが以前から欲しいと思っていた物で、それを覚えていてれた近藤さんに感激したといいます。

 

自分の健康を気遣ってくれた近藤さんの気持ちを大切に思った黒柳さんは、その後も出来るだけ毎日歩くようにしているそうです。

 

 

お二人の関係が深いことは分かりましたが、なぜこれほどまで仲良くなったのでしょうか。

 

それは、近藤さんの若いころの話に遡ります。

 

近藤さんはかなりのやんちゃ者だったらしく、

 

ジャニーズ寮の玄関から自分の部屋まで歩くのが面倒くさかったという理由でバイクで移動したり、

 

宿泊先のホテルにビリヤード台を設置させたり、

 

映画の撮影で桜の木の下で撮るシーン、虫嫌いな近藤さんは毛虫が嫌と言って撮影場所を変えてしまったりと、様々なやんちゃでわがままなエピソードがあります。

 

人気絶頂の近藤さんでしたが、当然バッシングを受けたり、週刊誌に取り上げられたりと辛い想いもたくさんしてきました。

 

そんな中、後ろ盾になり、かばってくれたのが黒柳さんだったそうです。

 

 

 

中学1年生でジャニーズ事務所に入り、寮での生活をしていた近藤さんは普通の人と比べると母親と過ごすことのできる時間は少なかったでしょう。

その分、近藤さんが母を想う気持ちは強かったそうです。

 

 

そのお母様が事故で亡くなり、心を痛めていた時に黒柳さんが、

 

 

私があなたの芸能界の母親よ。

 

と言ってくれたそうです。

 

 

尖った近藤さんを優しく包む黒柳さんの愛情、、、

 

 

近藤さんの奥さんのご両親が2人の結婚に大反対した際には黒柳さんが、相手のご両親に

 

「私は近藤さんをよく知っています。彼はあなた方の思っているような青年ではありませんよ。」

 

というような内容の手紙を送りました。そうして相手のご両親の許しをもらうことができ、無事結婚したそうです。

 

 

本当に母親のように近藤さんを愛しているのが分かりますよね。

 

近藤さんが黒柳さんを慕い敬うのも理解できます。

 

スポンサードリンク

マッチからの引退勧告

https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/?hl=ja

 

近藤さんを本物の息子のように可愛がる黒柳さん、

 

私の芸能界引退はマッチが決める

 

と言っています。

なんでも、自身のことをよくしている近藤さんから見て、「黒柳徹子は衰えた!」と感じたら引退する時なんだとか。

 

 

そんな2人は、こんなルールを作っていました。

 

言葉を噛むことなくペラペラと話す黒柳さん、1度でも噛んだと近藤さんが判断したら引退

 

 

 

その日は意外とすぐにやってきました、、、

 

 

というか、そもそも黒柳さんは口数が多く早口なので、結構噛むんですね。

 

近藤さんは指摘しました!

 

 

あれ?今、噛んだよね?

 

 

ついに黒柳徹子は引退か、、、、

 

そこで黒柳さんが返した言葉は、

 

https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/?hl=ja

 

いいえ、噛んでないわよ。

 

 

なんと!噛んだことを認めなかったのです!!

 

 

その後、何度も似たようなやり取りがあったようですが、現在も黒柳さんは現役バリバリ続行中ですよね。

 

なんだか微笑ましいです。

 

スポンサードリンク

まとめ

黒柳徹子さんは少年だった近藤真彦さんを母親のように可愛がり、守った。

その愛は近藤さんにしっかりと伝わり、近藤さんも黒柳さんをとても大切に想っている。

 

そんな2人だからこそ、「引退」という重要な判断を任せられるのでしょうね。

 

結局、引退はしなかった黒柳さんですが、

近藤さんに自分の人生を預けられるという信頼を表したくてこのような話になったのではないかと思います。

 

 

こういう話を聞くと2人を好きになってしまうのは私だけでしょうか。

 

近藤さん、黒柳さん、これからも仲良く、支え合っていってほしいと思います。

コメント