戦慄かなの犯罪者で前科持ち!逮捕の理由や年収や狩野英孝との噂が怖い!

芸能




戦慄かなのという

アイドルをご存知でしょうか?

 

アイドルでありながら逮捕されて

少年院にいたという前科持ちの

犯罪者だった戦慄かなの。

 

逮捕された理由

やばすぎる年収について

そして狩野英孝を陥れるツイートが

怖いんですよね!

 

さあ、見ていきましょうか。

 

スポンサードリンク

戦慄かなの犯罪者で前科持ち!逮捕の理由

現在20歳でアイドルとして

テレビに出て活躍している

戦慄かなのですが彼女の過去は

なかなか普通のアイドルとは違います。

 

なんと、高校生の時に

逮捕されて少年院に

送られていたのです!

 

 

そう、戦慄かなのは

犯罪者前科持ちだったのです。

 

前科があってもテレビに

出てアイドルやってるなんて

今までにいないタイプですね…

 

なぜ逮捕されたのか

その理由はなかなか頭のいい(?)

犯罪をしていたからです。

 

戦慄かなのが犯した犯罪の内容

窃盗や万引の常習と、

詐欺行為などでした。

 

夜中に繁華街をふらついては

ターゲットを探して

犯罪に明け暮れていたのです。

 

その中で直接的な

逮捕の理由となったのが

女子高生の下着を男性に売るという

現役女子高生だった戦慄かなの

考えたとは思えない犯罪

 

街中で女子高生に声をかけ

100均で買った下着を履かせて

それを8,000円でおやじに売る。

 

当然、女子高生にもお金が入り

戦慄かなののビジネスに

協力した女子高生は

200人もいたそうですよ!!

 

思った以上にガチの犯罪ですね。

 

これがバレてしまい

戦慄かなのの家に警察が

きてそのまま逮捕され

少年院に入ることになりました。

 

当然ですが前科がつき

犯罪者として約2年間を少年院で

過ごしたんですね。

 

犯罪はいけませんが

高校生の時に自分でこの

お金儲けを考えて実際に

行動に移したってすごいですね!

 

ビジネスのセンスがあります!!

 

しかも200人もの若者が

戦慄かなのについてきたのですから

カリスマじゃないですか?

 

これが犯罪じゃなきゃ本当に

褒めまくりたいですよ。

 

スポンサードリンク

戦慄かなの年収や狩野英孝との噂が怖い

犯罪で逮捕されてしまった

戦慄かなのですが

その事件で稼いでいた額が

半端じゃないんです!!

 

下着の売り上げは毎月100万円

以上は当然のように

上回っていて多い時では

300万円も稼いでいたのです。

 

 

当時の年収を簡単に予想すると…

 

下着1枚8,000円

女子高生に5,000円

戦慄かなの3,000円

のような取り分だとすると

 

毎月最低でも37.5万円

多い月は112.5万円

 

高校生にして年収800万円

近くあったと考えられます!!

すげー。。。

 

そんな天才犯罪者(?)の

戦慄かなのですが

狩野英孝を追い詰めたことがある

知っていましたか?

 

狩野英孝が未成年との

関係で騒がれた時のこと。

 

狩野英孝の相手は地下アイドルの

飛沫真鈴で実は戦慄かなのと

面識があったのです!

 

ライブの楽屋で狩野英孝と

どんなことをしたか

友人と話していた飛沫真鈴。

 

なんとその楽屋にたまたま

戦慄かなのがいたのです!!

 

戦慄かなの

「さっきの話聞こえた…」

と言うと飛沫真鈴

「誰にも言わないでね」

と言ったんですよね。

 

しかも、飛沫真鈴は狩野英孝

だけでなく他にも多くの

芸人と関係があったと

楽屋で自慢していたそうです!

 

そして戦慄かなの!!

あろうことかツイッターで

この楽屋での話を後日談として

ツイートしたのです!!

 

事件がバレた後だから

言えるけど…って感じに。

 

いやあ、戦慄かなの

おそるべし!!

頭もいいし敵に回したくない

タイプの女の子ですね!

 

スポンサードリンク

戦慄かなのの前科や犯罪、年収、狩野英孝との噂まとめ

いやぁ、戦慄かなの

文章で読むだけでも

かなりキャラが濃いですね!

 

ゴールデンタイムの番組や

生放送には向かない、

感じのアイドルかもしれません。

 

犯罪や前科がありますが

すごい年収をうみだす

才能があります!!

 

そして狩野英孝をビビらせる

才能もある…

 

でも、なんだか

人を引き寄せるものを持っていて

もっと知りたいと思いますし

知らないうちにファンになってる。

そんな女性です。

 

戦慄かなの!!

これからの活躍が楽しみです♪

コメント