山本さんマグロ漁師の現在!船が衝突事故!息子や年収、マグロの値段

釣り

大間のマグロ一本釣り漁でおなじみの

山本秀勝(やまもとひでかつ)さんが、

2月18日に放送の

マグロに賭けた男たち2018

あの悲運の漁師は?極寒の死闘スペシャル

に登場しました!

 

この番組で大間のマグロといえば

山本さんというほど全国的にも有名になった

悲運の漁師、山本秀勝さん

 

2018年の現在はどうしているのでしょうか?

衝突事故は大丈夫なのか、

マグロ漁師を目指す長男(剛史さん)

次男(浩貴さん)についても紹介します。

 

 

漁師の花形、マグロの一本釣りをしている

山本さんの年収についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

山本さんの現在、マグロの一本釣り

山本秀勝さんは現在64歳で大間で

マグロの一本釣りをしている漁師です。

 

以前、3年連続で1本もマグロが釣れなかったことから

マグロの群れを見つけるための機械

200万円ほどもするソナーを船に設置し、

ようやくマグロを取れるようになりました。

 

ちなみにソナーとは魚群探知機のようなもので、

船の真下の情報しか得られない魚群探知機に比べ、

ソナーは周囲の情報が分かるためマグロ漁には

必需品なんです。

 

記事:東筑波ユートピアの廃園危機!志村どうぶつ園

 

ソナーをつけてから立て続けにマグロをゲットした

山本さんは順調にマグロの一本釣りで

生計を立てますが、

ここへきて大きな問題に衝突します。

 

山本さんの漁船が衝突事故

順調にいっていた山本さんを襲ったのは

他の船との衝突事故

 

マグロの漁は場所が命!

 

どの船も我先にと、マグロの反応がある

漁場に船を走らせます。

 

スポンサードリンク

 

中にはチームを組んで他の船が

近づけないようにする船もあり、

場所取りのバトルが勃発します。

 

荒れた海の上でそんな戦いが行われているなんて

危ないし怖いですね。

 

そんな中で山本さんの船は

衝突事故を起こしてしまい、

船には穴が空いてしまいます。

 

船の修理代は非常に高く、

仮にエンジンを変えることになれば

安くても100万〜200万はかかってしまいます。

 

記事:東筑波ユートピア園長が入院でピンチ!

 

漁に出なければマグロはとれないし

収入がなくなってしまいます。

しかし、修理するためにはお金が必要。

 

命に関わる事故ではなかったのが不幸中の幸いですが、

この出費は厳しいですね。

 

山本さんの息子は?

山本さんには2人の息子がいて、

長男(剛史さん)は若手マグロ漁師として修行しています。

 

山本さんの船ではなくて、

他の大型船でかなりしごかれているようですね。

番組では船の上を転がり回る長男の姿や、

大声で怒鳴られる様子が映されています。

 

海の男って言葉が乱暴で怖いですが

危険が隣り合わせなので仕方ないです、

厳しい世界だ、、、

 

スポンサードリンク

 

長男がマグロ漁師になりたいと言った時に

山本さんは反対しました。

 

自身がマグロを取れずに生活に苦しんだことから

息子には同じ思いをせず

安定した収入を得られる仕事について欲しかったのです。

 

しかし、長男はマグロの一本釣りをする父、

山本さんにずっと憧れていました。

そしてマグロ漁師になる決断をし、

いつかは父のような、父以上の漁師になることを

夢見て修行中なんですね。

 

 

次男(浩貴)は漁港でサメ漁の準備や、

水揚げの手伝いのアルバイトをしているようです。

 

山本さんの年収は?マグロの値段!

山本さんが主戦場としている大間は

日本で1番のマグロがとれることで有名な場所です。

 

大間のマグロは1キロで約1万円が相場で、

初セリになると1キロで10万円にまで値がつり上がる

一攫千金の夢が膨らむ魚なんです!!

 

今年の初セリでは405キロの大間のマグロが、

3645万円で落札されました。

いや〜とんでもないことになってますね!!

 

ということは、山本さんも

生活が苦しいふりをして実は裕福な暮らしを

しているんじゃないかと思ってしまいますよね!!

 

ところが、実際は

そんなマグロをとれるのは一部の船だけ。

 

ソナーや船の設備のクオリティが高いほど

有利ですしそれにはお金が必要です。

もともとの資金力も関係してくるため

みんながボロ儲けとはいかないようです。

 

スポンサードリンク

 

ちなみに山本さんが以前とったマグロは

1本が156キロ、もう1本が192キロで

計348キロでした。

 

そのマグロ2本についた値段が170万円。

 

同じようなマグロが年間12本取れて1000万円です。

そこから燃料費や船のメンテナンス費などが

引かれていくので、、、

 

山本さんの詳しい年収はわかりませんが、

取れたマグロの数からなんとなく計算できますよね。

 

まとめ

悲運のマグロ漁師山本秀勝さんは

現在でも現役で一本釣りの漁師として

大間で戦っています。

 

長男は大型マグロ漁船で修行中、

次男は漁港でアルバイトをしています。

 

家族全員が漁業関係なんですね。

 

いつか、親子3にんで

マグロの一本釣りをしている姿がみたいです!!

 

山本さん、事故に気をつけて頑張れ!!!

コメント