マダニで肉アレルギー!A型O型は日本でも予防を!仰天ニュース

美容・健康

春は花粉症の人には悩ましい季節ですね。

マスクだけではどうにもならず、

鼻が詰まって目がかゆい。

 

花粉症でなくてもアレルギー

悩まされている人は多いはずです。

 

日本人は昔に比べてアレルギーにかかっている人が

増えているみたいですよ。

 

今回はザ!世界仰天ニュースで取り上げられた

めずらしいアレルギーを

紹介したいと思います。

 

他人事ではないので

しっかり読んでほしいと思います。

 

スポンサードリンク

 

マダニに噛まれて肉アレルギーに?

みなさんはダニに噛まれたことが

ありますか?

 

噛まれた跡が痒くて痒くてたまらないですよね!

ダニの種類にもよりますが

かなり腫れてしまう場合もあります。

 

この、世界中どこにでもいるダニに噛まれただけ

お肉を食べられない肉アレルギー

なってしまう可能性があるというのです。

 

信じられますか?

 

もし肉アレルギーになった人が

お肉を食べると数時間後に腫れと痒みを

伴った蕁麻疹が出てきます。

 

ただダニに噛まれただけで

お肉を食べられなくなるなんて!!

 

 

とは言っても全てのダニが原因となるわけではなくて

マダニという種類のダニが危険だといいます。

 

その中でもキララマダニというダニが

肉アレルギーを人に引き起こす

恐ろしい存在なのです。

 

キララマダニに噛まれることで

キララマダニの唾液中にあるα-galという抗原(異物)が

私たちの体に侵入します。

 

このα-galというものは霊長類以外の

哺乳類ならみんな持っていて、

牛肉豚肉にも含まれています。(鶏肉はセーフ!)

 

普段は体がα-galを敵と見なさずに

体の外に出ていってしまいますが

キララマダニに噛まれて血液中にα-gal

入ってくることで状況が変わるのです!

 

血液に攻撃性をもったα-galが入ってくることで

体は異物を排除しようと攻撃体制に入ります。

これがアレルギー反応として

症状に出てきてしまうのですね。

 

 

一度α-galを敵と覚えてしまった体は

α-galが含まれる牛肉や豚肉を食べた時にも

「敵が来た!!」と勘違いして

攻撃をしかけます。

 

そして蕁麻疹などのアレルギーとして

出て来てしまいます。

 

スポンサードリンク

 

 

A型とO型の人は予防を!

 

なんとマダニに噛まれて肉アレルギーに

なる人は血液型がA型の人とO型の人だけ。

 

B型とAB型の人はならないのです!!

(私はO型、、、)

 

この不公平なマダニによる血液型差別の原因は

血液の構造の一部にB型AB型の人は

α-galに似ている構造を持っているためです。

 

つまり、ずっと体の中にα-galに似ている

形のものがあるので

α-galが体内に入って来ても

特に反応しないと言うのです。

 

逆にO型やA型では

α-galが入ってくると「敵だ!敵だ!」

大騒ぎしてアレルギー反応が、、、

 

みなさん!私たち人間は!

生まれた瞬間から平等ではないのです!!

 

記事:他人をアレルギーにするPATM(パトム)とは?

 

 

そしてこのマダニは日本にも生息していて

関東から南の方で見つかっています。

 

普通のダニとは違って

かなり大きいので肉眼でバッチリわかります!

 

草むらなどにいることが多いので

そういう場所に行く時には虫除けスプレー

していきましょう

 

虫除けスプレーでマダニに噛まれるのを

防ぐことができます。

 

スポンサードリンク

 

肉アレルギーなのに魚でも!?

ちなみに今回説明した肉アレルギーは

霊長類以外の哺乳類の肉を食べると

アレルギー反応が起きます。

 

そのため牛肉豚肉ダメですが、

鶏肉は食べても大丈夫です。

 

ただし、魚でもカレイの魚卵には

α-galが含まれているので

食べてはいけません!!

 

カレイの煮付けを食べる時には

卵が入っていないかしっかりと確認する必要が

ありますね。

 

まあ、カレイ自体を避けた方が無難ですが。

 

まとめ

肉好きの人には衝撃的な

お肉を食べられなくなる肉アレルギー

 

この犯人はマダニ!!

噛まれると体がお肉に含まれるα-gal

過剰反応してアレルギーが起きます

 

そして、B型AB型が歓喜の血液型差別!

A型とO型のみが肉アレルギーにかかります、、、

 

日本にも肉アレルギーの原因となる

マダニがいるので草むらなど、

ダニがいそうな場所に行く時は

虫除けスプレーをして行きましょうね!

コメント